BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

目の下のクマ・たるみ治療:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

50代 女性 目の下のクマ・たるみ治療
施術名:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)
M’sクマ分類:出クマ

beforeでの下まぶた〜頬にかけてのラインは一様ではないのが分かります。
出クマの原因である眼窩脂肪やafterで見て分かるようにこの方はオリジナルの涙帯(涙袋)がある方なので、眼窩脂肪の突出のせいでラインが凸凹となっています。
以前も別の方でご説明したかと思いますが、涙帯(涙袋)はあった方が目元がクッキリとなり印象的な目となります。
一方、涙袋のように突出した構造である“出クマ”ですが、同じ突出したものでも目から離れてbeforeのようにクマの底辺が下に位置していると、目元が下がって“疲れた”印象の目、または影のような働きをして目元が一気に暗くなります。
beforeとafterを比較して、目の下の突起物の底辺を比較してもこんなにも高低差があるのがわかります。

category