BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

フォトフェイシャルM22

『フォトフェイシャル』

シミでお悩みの方は一度は耳にしたことがある響きかと思います。

フォトフェイシャルは光治療器(通称:IPL)と言います。

世に出回っている光治療器ですが、全部が全部同じというわけではありません。

まず、『フォトフェイシャル』という光治療器はルミナス社の製品↓(下記)です。

(*フォトフェイシャルは商標登録されております。)

とくに、このM22は最新機種であり非常にスペックの高い光治療器です。

現時点ではベストな治療器と言えます。

そんなM22のスゴいところを再認識したケースを経験したので以下に報告します!

まず、ざっとおさらいなのですが(詳しくはホームページをご覧ください。)、

フォトフェイシャルM22には様々な色味や肌悩みに対する波長が6種類搭載されており、それぞれ届く深さが異なります。表層のメラニンに届く波長や、赤味の原因になる血管に届く波長、またコラーゲンのある真皮深層に届く波長などを組み合わせることで、肌の透明感だけではなく、ハリのある弾力のある肌とタイトニングも同時に行う事ができます。

また、4つの特徴ですが、

40代 男性

お悩み:左頬部の赤ら顔(毛細血管拡張)

一般皮膚科でステロイドの外用薬を約1年間に渡り処方されて、塗り続けていた方です。

診察の結果、ステロイド外用は無効と診断しました。

*ステロイドの使用には注意が必要です!長期にわたる使用は控えなければいけません。

一部ステロイド性ざ瘡も認められましたが、左頬だけに広がる毛細血管拡張でした。フォトフェイシャルM22を照射したところ、

4回目でご覧の通りです。

『もっと、早くM’sに来れば良かった・・・、でも治って本当良かったです!!』

と受けた方は大変喜んでおります。

治療前の診断は全てに置いて重要です!

(間違った診断で治療をすることは、羅針盤を持たずに航海に出るようなものです。。。)

さることながら、フォトフェイシャルM22のスペックの高さに驚かされたケースでした。

 

category