BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

他院目頭切開後の修正

 

ケガや手術後にできる傷跡は、一度ついたら消せません。一生残ります。

ですが、、、

それが体にできるシワのようなものだったり、目立つ=気にならなければ良いわけなので、細心の注意を払っていつも望んでおります。

術後瘢痕の目立つ、目立たないは皮フ切開線でほぼ決まりますが、その後の術中操作、そして、もちろん創部を閉じるときの縫合技術、術後のケアなどによっても左右されます。

下の写真のまず左側をご覧ください。大きな傷跡があるのが分かりますか?

詳しくは、↓

ホクロ 皮弁形成

今回ご紹介するのは、他院での目頭切開を受けられた20代 女性の方です。修正を希望でした。

 目頭をもう少しシャープにさせたい、そして前回できた傷跡が目立つのでなんとかならないか?というお悩みでした。

術後半年以上経過しているの傷跡は白いです。白い傷は基本的には良い傷で成熟瘢痕と言います。。。

ですが、正面で見た場合に凹凸があって瘢痕が目立ちます。

また、目頭に注目すると、涙丘といってピンク色の粘膜ですが、比較的に見えている方なのですがもう少しシャープにしたいという要望がありました。

目頭切開時には必ず行うシミュレーションです。シミュレーション前後で比較してもらうと目頭を若干ですが広げることでシャープな印象の目になります。

ですから、控えめでかつ傷跡が目立たなくなるように、、、

デザイン=Z形成です。

術直後の状態です。出血も腫れもほぼありませんでした。

Z形成による皮弁の入れ換えを行うことで凹凸のある瘢痕を平坦かさせ、かつ鼻側に前進させることができました。

施術前と施術1週間後では、目→目と目の間(内し間)の距離は短くなりシャープな印象の目になりました。涙丘も程よく露出しており、形状も三角で良い状態です。

シミュレーション時と施術1週間後の比較です。術前シミュレーション通りの結果が得られたかと思います。

術後1週間で抜糸したばかりなのでまだ赤みはありますが、1ヶ月くらいで徐々にですが傷の赤みは消退していく予定です。

category