BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

ハイフ(HIFU)〜ウルトラセル〜

  ウルトラセル(トリプルリフトアップ)はレーザー・高周波RF・高密度焦点式超音波(HIFU)の3つのテクノロジーを組み合わせることで、それぞれのコンビネーション治療を可能にした次世代のしわ・たるみ治療器です。何層にもなって重なり合って形成されているお肌の表皮・真皮・表情筋層にそれぞれ作用するレーザーが、小じわ・毛穴・くすみを目立たなくし、肌のたるみを引き締める効果をもたらします。

その中でも今回はHIFU(ハイフ)をご紹介したいと思います。

 深部で熱をもたらすので表面の皮膚には影響は及ぼしません。

 ハイフに用いられるカートリッジは2種類あって4.5mmと3.0mmのものです。まずは深いところ=4.5mmのハイフをあて、次に浅い=3.0mmのものを当てます。

照射の仕方ですが、M’sでは独自の方法で行なっています。

  通常は①のみ(横打ち)で行いますが、M’sでは②(縦打ち)を追加して、③のように格子状になるようにします。ですから、効果をさらに期待できます。

③の格子状に照射したとしても両頬であれば施術時間的には30分程度で終了します。

  ハイフによる『たるみ』改善効果は、即時効果も得られるのですが実感できるのはおよそ1ヶ月経過してから徐々に認められてきます。

今から示す症例は、実際M’sで行なった方です。

 

顔〜首にかけて認めるたるみ・脂肪は減っているのがわかるかと思います。

ダウンタイムもない治療なので顔のたるみが気になり始めた方にはオススメの施術です。

category