BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

眼瞼下垂症 他院修正とその原因

本日、ご紹介するのは眼瞼下垂症の方お二人です。

一人の方は、以前(5年前)に眼科で眼瞼下垂症手術を受けたことがある方、

もう一人の方は、「上を見れない、横が見づらい・・・」、眼科を受診していたようですが改善しないということで先ほどの方と一緒にご来院された方です。

お二人とも70代女性でいつもお二人で来られて待合室の待ち時間などおしゃべりをされている仲の良い御二方でした。。。

 

本題に入る前に、

眼瞼下垂症になる原因として、(下記ご参照頂ければと思います。)

  1. 生まれつき(先天性)
  2. ケガ(外傷)
  3. 老化(加齢性変化)
  4. コンタクトレンズ(とくにハードレンズ)
  5. 過去に二重・眼瞼下垂症の手術経験がある

などがありますが、、、

基本的には手術所見では大きく分けて二つの状態だと考えています。

右のType1というのは、癒着している状態で眼瞼挙筋の挙上運動が障害されているタイプ、

そして、左のType2というのは、何らかの原因で挙筋腱膜があるべきところになくて外れてしまっているタイプ、、

 

そして、

症例1の方↓は、Type1でした。70代 女性 過去5年前に眼科で眼瞼下垂症手術を受けられたことがある方です。

目が重くて、上を見るのが困難だということ、そして、頭痛がするということでした。

MRD(眼瞼下垂の重症度を示すもの)は、右が0.5mm、左1mmで軽度~中等度の状態でした。

上を見るのにはかなりおでこの筋肉=前頭筋を使ってみるような状態です。

↓手術所見です。

順番に①~⑤を説明しますと、

①挙筋腱膜の下に透けて見えるものがありました。

②挙筋腱膜とミューラー筋の間は癒着が高度でした。

③その癒着を作っている原因は、以前の手術でしようされた糸で、その糸が⑤で示す絹糸と呼ばれる非吸収性の糸でした。

④癒着を丁寧に解除することで眼瞼挙筋を観察することができました。

これらの過程から推測するのには、以前の眼科で受けた眼瞼下垂症手術は、固定糸に絹糸を使用したミューラー筋タッキング法であったと考えられます。

今回、眼瞼下垂症手術において挙筋腱膜前転法 v.s. ミューラー筋タッキングというお話は割愛して、どちらの術式においても使用される固定する糸にフォーカスを絞りたいと思います。

 

まず固定に用いるどの糸を使用するのか???

それは外科医の判断です。術者の好みや経験、そして慣習的なものなどで決まります。

ちなみに、わたしは、絹糸という種類の非吸収性の糸を形成外科医になってからは使用したことがありません。

外科医は、色々な場面で糸を使い分けをします。手術を行う上で最も重要な手術道具の一つと考えています。ですから、M’sでは10種類を超える糸を使い分けて用いるので常時準備をしています。糸一つでその手術の結果が決まりますから自然とそういう感じになります。

 

M’sでは、眼瞼下垂症手術を行う上で肝中の肝となる挙筋腱膜固定には、

 

を使用します。

エチコン社のプローリンという糸デス。プローリンは、通常心臓血管外科などで使用される事が多い糸です。心臓という最も重要な部位に使用されるということからもプローリンが良い糸だということはお分かりかと思います。糸自体も素晴らしく、それを刺入する針も切れ味が抜群で変に組織を傷つけません。

1本の糸に対するコストも絹糸と比較すると何十倍もする糸です。

↓逆側も同様に絹糸を用いられていました。

↑術直後の状態です。

↓術後1か月後の状態です。

↓術前後での比較です。

明らかに目の大きさは変わっております。非常に楽になったと大変喜ばれております。

次にご紹介するのは、70代 女性の方です。

眼科に受診していたようですが、『目が見えにくい』というお悩みで来院されました。

左は重度です。瞳孔が隠れておりほとんど見えていないかと思います。

『目だけで、頭を動かさないで上を見てください~』というとこんな感じで首を後ろに曲げてみるような状況でした。

↓術中所見です。

Type2です。挙筋腱膜は通常瞼板に固定されていますが、眼瞼下垂症の方ではこのように挙筋腱膜が瞼板から離れて存在している場合があります。

↓術後1か月の状態です。

↓手術前後での比較です。

↓上も目だけで見えるようになりました。

ご感想をいただきました。↓

 

category