BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

片側眼瞼下垂症

片側の眼瞼下垂症の方には、日常的に多くの方に遭遇します。本人としては、『こういうものか・・・』として一見あまり関心のないような感じですが・・・、実は気にされている方が多くいらっしゃいます。

片側だけまぶたが重い、片側だけ目が見えにく、視野が狭い、まぶたが腫れて、下がってバランスが悪い、片側のまぶたがピクピクする、片側のまぶたが痙攣する、片側まぶたの脂肪が多い・・・など、色んな悩みを持たれています。

今回、ご紹介するのは40代の女性で片側まぶたの眼瞼下垂症の方です。

原因は不明です。右側のみが下がっており、年々二重まぶたのラインが乱れてきたということでした。

眼瞼下垂の原因には、ハードコントレンズの装着歴、生まれつき、加齢、外傷(過去に目をぶつけたことがある)など様々です。

今の時期花粉症で目をこする方などがいるかと思いますが、これも外的刺激なのでまぶたに負担をかけることで眼瞼下垂症発祥のリスクなどにもなります。

眼瞼下垂に関する詳しい内容は、

https://ptosis.ms-clinic.org

今回の方は、↓の状況でした。

黒目の上1/3が上まぶたで隠れてしまっています。簡単に言えば、左目の黒目と右目の黒目の大きさが違うのがわかります。また、右目のまぶたが重い、眠そうな印象を与えます。

眼瞼下垂症は、残念ながら手術でしか改善されません。まぶたという機能が特殊なもの=視力を司る機能と見た目としての機能の両方が合わさった器官なのでそれら両方を改善することが他の方法で満たすことが難しいのです。

手術なのでもちろんダウンタイム=腫れる、出血するなどの社会復帰までの期間というものがあります。腫れると、接客業をなどをされている方には気軽にできるものではありません。

ですが、M’sではそんな方のライフワークバランスと症状を考えて、その方に最も適した治療をご提案するようにしています。

今回の方とは別件ですが↓、下に示す方は『切らない眼瞼下垂(埋没式)』をされた方です。

切らない眼瞼下垂症手術の特徴は、先に述べたようなダウンタイムがないのが大きな特徴である手術法です。

↑上の方は、術前の状態では今回紹介する(本題の方)と同様に黒目の3分の1が隠れています。腫れるのを敬遠されたので、『切らない眼瞼下垂(埋没式)』を行いました。

術直後の状態をご覧ください。ほぼ腫れは認めません。

施術前と施術1週間後の比較をすると見てお分かりかと思いますが、黒目の大きさは2倍近く改善していることがわかります。目の開きも楽になり、見た目も改善して本当に良かったと頂けております。

 

 

そして、本題に戻します。、

通常の眼瞼下垂症手術には経皮的と言ってまぶたの上から皮膚を切開して行います。実際に眼瞼下垂を起こしている原因を究明して改善する治療です。

今回の方にはその経皮的の眼瞼下垂症手術を行いました。

片側のみを皮膚切開して行うのは非常に難しいです。というのは、

こちらの記事をご覧ください。↓

眼瞼下垂症(ヘリングの法則)

また、見た目の問題でも片側の眼瞼下垂症の方の二重幅を左右バランスとるということは非常に難しいです。今回の方の見かけの二重幅=二重の幅は広く(自然な状態です。過去に二重手術などは行っておりません。)、やや肉厚な印象です。また、左側を見てわかりますがくっきりとされています。

機能を改善しつつ、見た目にも配慮をする、、、形成美容科という本質的な手術法です。。。

幸いにこの方には年齢が若かった。そして進行がそれほど重度ではありませんでした。

術直後より健側(健康な目:この場合左側を指します。)がヘリングの法則で下がることが多いのが片側眼瞼下垂なのですが、今回は起こりませんでした。

施術1週間後の状態です↓。

術後の影響で腫れは軽度ありますが、術後1週間でバランスは良く日常生活に支障がでないくらいに回復しています。

下を見たときも食い込みがなく、自然な二重の形態を形成できたかと思います。

今後の状態でまた二重幅などは変化してくるので、追ってまたご報告したいと思います。

 

category