エムズダイアリー|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック 美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

目の下のクマ治療:脂肪注入(ピュアグラフト)

先日の形成外科学会総会(福岡)での外国人招待講演は、アメリカ・マイアミのDr.Roger Khouriによる『乳房再建における脂肪注入』についてでした。

Dr.Khouriは、手の外科専門の形成外科医ですが、全ての形成外科分野に精通しているのがアメリカの形成外科医であり特に美容外科という分野においても同じ再建外科を行うということで大変立派な業績を残されている先生です(だから、招待されたのですけどね)。

先日、ある深夜番組でiPS細胞を発見した京都大学の山中教授が出演されていたのですが、脂肪という組織は非常に注目されている細胞です。とくに脂肪という塊の中に存在する脂肪幹細胞は、色々な細胞(皮膚、毛髪など)に分化することができる細胞です。また、免疫系や色々な機能にも関与しているので、ボディビルダーや女性から悪とされる組織である脂肪は一概になくても良いものではないということです。逆に、必要だということです(あり過ぎも良くないので、ほどほどな感じで脂肪がついているのがベストなんですが、これが難しい〜〜)。

私も、この脂肪という組織に幼少期より大変興味があり、それをライフワークとする形成外科、そして美容外科というものに自ずと導かれて現在に至るといった状況です。

福岡での講演の話に戻しますと、

乳がんなどで失われた乳房を再建するのに現在では多くの施設で脂肪細胞による脂肪移植が行われています。脂肪を移植するので(他部位から採取した脂肪を移すこと)、もちろん生着率(脂肪がどれだけ留まってくれるのか?)というものが重要です。

講演ではその脂肪移植の生着率に関しては、

①移植する脂肪細胞の状態

②移植床(=移植される場所、例えば今回のような顔や胸)の状態

③移植する外科医のスキル(技術)

④術後の状態:ケア

という4つの事象が相互リンクして脂肪移植の生着率が高まるという事でした。

今回紹介する、

脂肪移植:目の下のクマ治療に用いる脂肪は、太ももの内側より採取した脂肪を用います。目の下に注入する脂肪は、粒が細かいものが良いとされています。お腹などからも脂肪を取る事ができますが、粒が大きいのであまりオススメしておりません。

Dr.Khouri(クーリー)は、脂肪を採取したら大事な移植する細胞(=ドナーと言いいます。)を大事に扱います。遠心分離機などの負荷をかけないようにしているようです。←私もこれに関して同意見です。

移植するための脂肪は、麻酔液や血液といったものと一緒に採取されます。それらを分離するのに遠心分離機で行います。確かに、脂肪細胞とそれ以外のものを綺麗に分離することはできますが、この遠心分離機にかけることは脂肪細胞に3000回転という力を加えることになります。例えば、生身の人間に1分間に3000回転したらおそらく大変な事が起こるでしょう(場合によってしに至るでしょう。)。ですから、分離するという目的だけにそのような負荷を大事な移植片にかけてもいいものだろうか?という疑問をもつのは自然だと考えます。したがって、Dr.Khouriの考えには賛成ですし、M’s(エムズ)ではピュアグラフトという方法で脂肪細胞とそれ以外を分離することにしています。

ピュアグラフト↓に関しては、

目の下のクマ治療 3ヶ月後

 


脂肪移植術(注入)のことを踏まえて。

今回紹介する方は、

40代 女性

過去に他院で脱脂術のみを受けられた事がある方です。

お悩みは、目の下がくぼみ、皮膚のたるみも出始め、目の下のクマが再び目立つようになってきたという事でした。

カウンセリングで患者さん自身は、目の下の余った皮膚の切除を要望されていました。

確かに年齢と共に皮膚あまり=余剰皮膚という問題は発生してきます。また、脱脂術を受けられていれば目の下に出ていた眼窩脂肪が取れられてしまいます。皮膚の膨らみはなくなる一方でそこを覆っている皮膚はたるむので当然ですが皮フのあまりが生じます。

*脱脂術のみで上手くいく方とそうでない方がいるのでそこを見分けることも“目の下のクマ”治療をする上で大変重要なことです。

したがって、脱脂術を受けた場合には余剰皮膚は当然ながら年齢で生じるよりも早く生じてきます。

そういった現象が今回の方には起こりました。

ですが・・・、

今回の方に初めに余剰皮フ切除のみをお勧めすることはできませんでした。まずは形態変化を整えて、それでも余ったりシワが目立つような皮膚であれば次に切除する。それらを同時に行うことも可能です。

ですが、

余剰皮膚を切除すれば=皮膚を切除すれば縫合する必要があります。つまり、ダウンタイムです。

今回ダウンタイムを気にされていたので、まず行ったのが『脂肪注入:ピュアグラフト』です。

施術前と施術後(3ヶ月)の比較

いかがでしょうか?

脂肪注入のみでも目の下のクマが改善されており、たるみも軽減された方と思います。


術後の経過

術前の状態です。目の下に影があります。以前、説明したTear trough defomity↓

を認めます。

この方の術前のお顔全体を見ればわかりますが、目の下〜tear trough derfomity〜頬脂肪体〜ほうれい線と境界がくっきりと分けられており、それらが目立つようになっています。

若さの象徴とも言える目の下の理想的な形態は、涙袋〜頬が一様な凸面=S字カーブであるのが理想です。ですから、この方の要望で余剰皮膚切除だけでは、tear trough derfomityまでは改善することも出来ませんし、理想のカーブを形成するためのリフト効果は期待できません。

したがって、まずは形態変化を整えるため=tear trough deformityや頬の一様化を目指すことが必要だと考えました。

そして、それでも皮膚のタルミやシワが目立つようあれば皮膚切除を行う方が賢明だと考えました。

*上まぶたでもそうですが、一度切除した皮膚は戻ってきません。戻ってくるには年齢とともに弛んできた皮膚なので回復するのに10年以上時間が必要です。

*tear trough deformityを改善するだけであれば、ヒアルロン酸でも可能です。ヒアルロン酸は、tidel(チンダル現象:皮膚が水のように透ける現象)や吸収されるので反復して(半年に一回程度)行う必要あります。

施術直後の状態です。ほぼ腫れることもなく、tear trough defomiytも改善して終了する事ができました。

施術1週間後の状態です。

施術1ヶ月後の状態です。

施術3ヶ月の状態です。目の下から頬にかけての形態は整いました。こうなった時点で、目の下にできているシワのよう皮膚余りをトリミング(調整)するのは可能だと思います。

また、この方の場合、S字カーブの位置が下=ほうれい線に近いに位置しています。ミントリフトなどの中顔面リフトが必要だと思われます。それによって中顔面の位置=頬の位置を高くする事で理想的なS字カーブに近づける事ができると考えています。

中〜下顔面治療:目の下のクマ治療、ミントリフト

 

手のシミ ICON Max G(アイコンマックスG)

M’sには光治療器(IPL)が2種類あります。

一つは、フォトフェイシャル M22という機種で以前にもご紹介したことがある光治療器です。

フォトフェイシャル M22に関して

非常にスペック(機能)が高いのでシミ・くすみなど肌の色ムラなどの改善や赤ら顔・血管拡張症などの色に対しても強く、そして毛穴・引き締め効果などといったお悩みにも解決してくれるので幅広く活躍してくれている治療器です。また、皮膚に接触する部位の冷却システムがしっかりしているので、他社などの光治療器で施術後のトラブルであるヤケドなどのリスクはほぼ皆無に等しいと言われております。M’sを開院してから約2年の間でそういったことは起きておりません。

もう一つは、最近導入したICON(アイコン)Max Gという機種です↓(下のようになります)。

どうして、光治療器が2種類も必要なの?と言われたら・・・、

フラクショナルレーザー XDを導入したら一緒についてきた(付けたらお得だった)という理由です。。。

実は、ICON(アイコン)にはフラクショナルレーザー (ニキビ跡や傷跡の専門治療器)と光治療器が両方搭載できます。

(↓フラクショナルレーザー XDについては下記を参照)

フォトフラクショナル、好転反応

フラクショナルレーザー XD

ニキビ跡やニキビで悩んでいる人に、ダウンタイムが少ない方法で改善することはできないか?という思いで導入したICONです。

当初はM22があるので、どうやって使用したらいいのだろう〜?と思っていましが、、、

実はこのMaxGという光治療器〜〜〜、、

かなりの優れものでした!!!

MaxGは、500〜670、そして800〜1200nmという二つの波長を持っているので

シミの原因であるメラニンと血管病変(赤ら顔、酒さ、血管腫など)のヘモグロビンに吸収されるのです。

また、一般的には血管病変に対しては色素レーザー というものがありますが、このMaxGはその色素レーザー と同等の効果を得ることができるとも言われています。

赤い病変は、そのほかにもニキビ跡の炎症や傷跡(ホクロ治療後の赤みなど)の赤みも早く改善することが期待できるので、これまた幅広い範囲で活躍してくれる治療器だと言えます!

さて、

今回は50代 女性のお悩み『手のシミ』です。

手のシミは、年齢を感じさせてしまいます。顔より多くの時間自分の目に入ってきてしまいますので多くの方が悩んでおられます。

こういった手のシミにもICON(アイコン)MaxGは威力を発揮してくれます!

↓ご覧ください。

いかがでしょうか?

一回の施術でシミがこんなにもなくなるので、受けた方は大変喜んでおられます。

片側眼瞼下垂症

片側の眼瞼下垂症の方には、日常的に多くの方に遭遇します。本人としては、『こういうものか・・・』として一見あまり関心のないような感じですが・・・、実は気にされている方が多くいらっしゃいます。

片側だけまぶたが重い、片側だけ目が見えにく、視野が狭い、まぶたが腫れて、下がってバランスが悪い、片側のまぶたがピクピクする、片側のまぶたが痙攣する、片側まぶたの脂肪が多い・・・など、色んな悩みを持たれています。

今回、ご紹介するのは40代の女性で片側まぶたの眼瞼下垂症の方です。

原因は不明です。右側のみが下がっており、年々二重まぶたのラインが乱れてきたということでした。

眼瞼下垂の原因には、ハードコントレンズの装着歴、生まれつき、加齢、外傷(過去に目をぶつけたことがある)など様々です。

今の時期花粉症で目をこする方などがいるかと思いますが、これも外的刺激なのでまぶたに負担をかけることで眼瞼下垂症発祥のリスクなどにもなります。

眼瞼下垂に関する詳しい内容は、

https://ptosis.ms-clinic.org

今回の方は、↓の状況でした。

黒目の上1/3が上まぶたで隠れてしまっています。簡単に言えば、左目の黒目と右目の黒目の大きさが違うのがわかります。また、右目のまぶたが重い、眠そうな印象を与えます。

眼瞼下垂症は、残念ながら手術でしか改善されません。まぶたという機能が特殊なもの=視力を司る機能と見た目としての機能の両方が合わさった器官なのでそれら両方を改善することが他の方法で満たすことが難しいのです。

手術なのでもちろんダウンタイム=腫れる、出血するなどの社会復帰までの期間というものがあります。腫れると、接客業をなどをされている方には気軽にできるものではありません。

ですが、M’sではそんな方のライフワークバランスと症状を考えて、その方に最も適した治療をご提案するようにしています。

今回の方とは別件ですが↓、下に示す方は『切らない眼瞼下垂(埋没式)』をされた方です。

切らない眼瞼下垂症手術の特徴は、先に述べたようなダウンタイムがないのが大きな特徴である手術法です。

↑上の方は、術前の状態では今回紹介する(本題の方)と同様に黒目の3分の1が隠れています。腫れるのを敬遠されたので、『切らない眼瞼下垂(埋没式)』を行いました。

術直後の状態をご覧ください。ほぼ腫れは認めません。

施術前と施術1週間後の比較をすると見てお分かりかと思いますが、黒目の大きさは2倍近く改善していることがわかります。目の開きも楽になり、見た目も改善して本当に良かったと頂けております。

 

 

そして、本題に戻します。、

通常の眼瞼下垂症手術には経皮的と言ってまぶたの上から皮膚を切開して行います。実際に眼瞼下垂を起こしている原因を究明して改善する治療です。

今回の方にはその経皮的の眼瞼下垂症手術を行いました。

片側のみを皮膚切開して行うのは非常に難しいです。というのは、

こちらの記事をご覧ください。↓

眼瞼下垂症(ヘリングの法則)

また、見た目の問題でも片側の眼瞼下垂症の方の二重幅を左右バランスとるということは非常に難しいです。今回の方の見かけの二重幅=二重の幅は広く(自然な状態です。過去に二重手術などは行っておりません。)、やや肉厚な印象です。また、左側を見てわかりますがくっきりとされています。

機能を改善しつつ、見た目にも配慮をする、、、形成美容科という本質的な手術法です。。。

幸いにこの方には年齢が若かった。そして進行がそれほど重度ではありませんでした。

術直後より健側(健康な目:この場合左側を指します。)がヘリングの法則で下がることが多いのが片側眼瞼下垂なのですが、今回は起こりませんでした。

施術1週間後の状態です↓。

術後の影響で腫れは軽度ありますが、術後1週間でバランスは良く日常生活に支障がでないくらいに回復しています。

下を見たときも食い込みがなく、自然な二重の形態を形成できたかと思います。

今後の状態でまた二重幅などは変化してくるので、追ってまたご報告したいと思います。

 

眼瞼下垂症 他院修正とその原因

本日、ご紹介するのは眼瞼下垂症の方お二人です。

一人の方は、以前(5年前)に眼科で眼瞼下垂症手術を受けたことがある方、

もう一人の方は、「上を見れない、横が見づらい・・・」、眼科を受診していたようですが改善しないということで先ほどの方と一緒にご来院された方です。

お二人とも70代女性でいつもお二人で来られて待合室の待ち時間などおしゃべりをされている仲の良い御二方でした。。。

 

本題に入る前に、

眼瞼下垂症になる原因として、(下記ご参照頂ければと思います。)

  1. 生まれつき(先天性)
  2. ケガ(外傷)
  3. 老化(加齢性変化)
  4. コンタクトレンズ(とくにハードレンズ)
  5. 過去に二重・眼瞼下垂症の手術経験がある

などがありますが、、、

基本的には手術所見では大きく分けて二つの状態だと考えています。

右のType1というのは、癒着している状態で眼瞼挙筋の挙上運動が障害されているタイプ、

そして、左のType2というのは、何らかの原因で挙筋腱膜があるべきところになくて外れてしまっているタイプ、、

 

そして、

症例1の方↓は、Type1でした。70代 女性 過去5年前に眼科で眼瞼下垂症手術を受けられたことがある方です。

目が重くて、上を見るのが困難だということ、そして、頭痛がするということでした。

MRD(眼瞼下垂の重症度を示すもの)は、右が0.5mm、左1mmで軽度~中等度の状態でした。

上を見るのにはかなりおでこの筋肉=前頭筋を使ってみるような状態です。

↓手術所見です。

順番に①~⑤を説明しますと、

①挙筋腱膜の下に透けて見えるものがありました。

②挙筋腱膜とミューラー筋の間は癒着が高度でした。

③その癒着を作っている原因は、以前の手術でしようされた糸で、その糸が⑤で示す絹糸と呼ばれる非吸収性の糸でした。

④癒着を丁寧に解除することで眼瞼挙筋を観察することができました。

これらの過程から推測するのには、以前の眼科で受けた眼瞼下垂症手術は、固定糸に絹糸を使用したミューラー筋タッキング法であったと考えられます。

今回、眼瞼下垂症手術において挙筋腱膜前転法 v.s. ミューラー筋タッキングというお話は割愛して、どちらの術式においても使用される固定する糸にフォーカスを絞りたいと思います。

 

まず固定に用いるどの糸を使用するのか???

それは外科医の判断です。術者の好みや経験、そして慣習的なものなどで決まります。

ちなみに、わたしは、絹糸という種類の非吸収性の糸を形成外科医になってからは使用したことがありません。

外科医は、色々な場面で糸を使い分けをします。手術を行う上で最も重要な手術道具の一つと考えています。ですから、M’sでは10種類を超える糸を使い分けて用いるので常時準備をしています。糸一つでその手術の結果が決まりますから自然とそういう感じになります。

 

M’sでは、眼瞼下垂症手術を行う上で肝中の肝となる挙筋腱膜固定には、

 

を使用します。

エチコン社のプローリンという糸デス。プローリンは、通常心臓血管外科などで使用される事が多い糸です。心臓という最も重要な部位に使用されるということからもプローリンが良い糸だということはお分かりかと思います。糸自体も素晴らしく、それを刺入する針も切れ味が抜群で変に組織を傷つけません。

1本の糸に対するコストも絹糸と比較すると何十倍もする糸です。

↓逆側も同様に絹糸を用いられていました。

↑術直後の状態です。

↓術後1か月後の状態です。

↓術前後での比較です。

明らかに目の大きさは変わっております。非常に楽になったと大変喜ばれております。

次にご紹介するのは、70代 女性の方です。

眼科に受診していたようですが、『目が見えにくい』というお悩みで来院されました。

左は重度です。瞳孔が隠れておりほとんど見えていないかと思います。

『目だけで、頭を動かさないで上を見てください~』というとこんな感じで首を後ろに曲げてみるような状況でした。

↓術中所見です。

Type2です。挙筋腱膜は通常瞼板に固定されていますが、眼瞼下垂症の方ではこのように挙筋腱膜が瞼板から離れて存在している場合があります。

↓術後1か月の状態です。

↓手術前後での比較です。

↓上も目だけで見えるようになりました。

ご感想をいただきました。↓

 

フォトフラクショナル、好転反応

今回ご紹介するのは、フォトフラクショナルという新しい治療です。

フォトフラクショナルとは、フォトフェイシャルフラクショナルレーザー というハイブリッド治療です。

アンチエイジング目的で行うと、

フォトフェイシャル →しみ、くすみ

フラクショナルレーザー →肌の引き締め、小じわ、毛穴

という効果が得られます。

個人的には非常に気に入っております。。。

ですが、フラクショナルレーザー ・・・

実は以前大変な目にあって、苦い経験があります。その時の写真がこれ↓です。

ある会社のフラクショナルレーザー (ノンアブレーティブタイプ)をデモで行なったのですが、施術痕が残りそこに色素沈着を残してしまいました・・・、(このときは非常に憂鬱でブルーな時間を過ごしました・・・、でも本当にデモで、しかも自分で良かったぁー、と思った時期でもありました。)

前回紹介した、M’sにも導入したフラクショナルレーザー

↓詳しくは、

フラクショナルレーザー XD

これは、以前同じようにデモで使用(私が色素沈着を起こしたレーザーとは異なります。)し、非常に実感が得られたレーザーであったので導入しました。

アメリカのサイノシュアーという会社のものです。

本当に優れもの!、導入して本当に良かったと感じているレーザー です。

 

このレーザーは、フラクショナルを照射する場合、照射部位である先端が特徴的で、私が苦い経験したようなドット状の照射痕が残らないような作りになっています。

溝になっており、突起した部分が皮膚を押し込むので表皮には損傷を起こさず、レーザーのエネルギーが真皮奥に届きます。

照射エネルギーを上げれば真皮深層までとどくのですが、

↓このように表皮は傷ついておりません。

ですから、皮膚にダメージが少なく真皮の再生を促すことができ、しかも合併症である色素沈着や照射痕などを残す心配がないのです。

それで今回行なった新たねデモは、

フォトフラクショナル=フォトフェイシャルM22 x  ICON  XD

という組み合わせで行いました。

*患者さんに提供する前には必ず自分でテストをして、機械の安全域を確認して行なっております。

フラクショナルレーザー を行う前は、表面麻酔が必要です。30分程度麻酔薬を塗りODT(=密閉療法)という方法で皮膚全体に麻酔薬が効果的に効くようにします。これを行うことでレーザーの痛みを軽減し安心してレーザーを受けることが可能となります。

↓照射直後の状態です。顔全体が赤くなりますが、施術後すぐに冷やすのでこの赤みは個人差がありますが、すぐに無くなる方もいます。ほぼ全員の方が、遅くても数時間以内に無くなります。

ダウンタイムは1日以内と言っていいかと思います。

*これアンチエイジング目的であって、ニキビ跡治療の場合は例外です。また、後日ニキビ跡治療に関してはご報告いたします。

そして、これが施術3日目の状態です↓。

漢方などの治療で『好転反応』と呼ばれるものがあります。

好転反応とは、その治療効果を表すかのようになんらかの現象が身体に起こることを言います。

別名、『ダウンタイム』というのものです。今回このような反応が出ました。私の場合は慣れているので許容はできますが、多くの皆様が驚くので『ダウンタイム』は無いには越したことはありません。

それでは施術前後の比較を提示します。

シミだらけですね〜

*10年以上のサーフィンと、ベストボディのためにタンニング(日焼け)をした結果、このようにシミは蓄積されていきます。

↓ 結果です。

シミが消えただけではなく、肌のキメが整い皮膚にハリとツヤ感が出ています。

また、XDのおかげで↓

毛穴がこんなにも小さくなります。

正直言って肌の状態はベストと言ってもいいくらいの現在です。

 

さて、今回はフォトフラクショナルというフォトフェイシャルフラクショナルレーザー をハイブリッドさせて治療をご紹介しました。2種類の施術を組み合わせ、真皮→表皮と二つの層を治療したことになります。一台で一度の照射で全ての層を治療できたら・・・と想像することもあるのですが、残念ながら現在まだそのような治療器は存在しません。

しかしながら、機種を組み合わすことで今回のような結果が得られることができます。

フォトフラクショナル、本当に良い治療です。。。

ちなみに、ICONという↓下のレーザーは、フォトフェイシャル M22と同じIPL(光治療器)を搭載しているものです。光治療器はICON MaxGと言います。MaxGも非常に優れておりフォトフェイシャルM22と同等のスペック(機能)を持った治療器なので次回は、XDMaxGで行いたいと思います!

category