BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

美肌治療 目元のアンチエイジング ミントリフト

前回↓

『たるみ』の治療で”ダウンタイム”と“効果”との関係性を下図のように示しました。

*たるみの治療の一つ、“糸”で行うミントリフトに関しては↓を参照ください。

スレッドリフト:ミントリフト

ダウンタイム(出血、腫れなど)があるということはそれだけしっかりと施術を行い結果を出すことができます。ですが、社会復帰までの期間が長いので、現在の美容施術では長いダウンタイムは嫌われ、比較的ダウンタイムがないもので結果が期待できるものが好まれるようになってきました。ミントリフトなどの糸でのたるみ治療はその一つと言えるかと思います。

また、一方でどうしても働いている方や大事なイベントなどを控えている方で、ダウンタイムなく効果を出したい方がいるかと思います。。。

そう言った方々には、、、

『時間と回数、そしてポイントを押さえる!』ということをオススメします!

そして、今回ご紹介する方は、40代 女性の方です。

お悩み:シミ、くすみ、目の重み、顔のたるみ

でした。

一つ一つ、ダウンタイムに配慮しながら施術を行いました。

まずはM’sの王道である『美肌治療』です。シミを改善するだけでお顔は明るくなります!この場合、行った治療は

『ハイブリッド美肌治療』の3回コースです。

詳しくは、↓

次に、お顔で最も重要なパーツの一つである『目元』です!

この方は腱膜性眼瞼下垂症で瞳孔縁に眼瞼(まぶた)は被っておりませんが、夕方になると目の疲れ、疲労感が出てきて非代償性の下垂症状を伴う方でした。

瞳が大きくなり、また二重になって印象的な目元になりました。

そして、

次にフェイスラインや法令線の改善です。

ミントリフト①ロング4本、②ショート6本を挿入しました。

フェイスラインがはっきりとして小顔になったかと思います。

↑上の写真は、美肌治療を行った後の目元+ミントリフト後の比較です。

比較的ダウンタイムの少ないものを時間と回数を分け、そしてポイントを押さえることでこんなにも大きな効果=結果が得られることができます。

目頭切開(その後)、黒子(ホクロ)、黄色腫

目頭切開(内し形成)他院修正後その後の方をご紹介します。

前回投稿した記事は下記になります。

他院目頭切開後の修正

その後、1ヶ月が経過しました。

①傷の凹凸(ボコボコ)は無くなりました。

②眼間距離は自然な感じで縮まり、シャープな目の印象と二重の内側が形成され並行型になりました。

施術前〜1週間後(抜糸後)〜1ヶ月後の経緯です。

傷跡を綺麗にすることは最も重要であると考えています。施術前の診断、施術法、デザイン、その後のアフターケアーそれら全てが術後の傷跡の状態を良いものにするか、悪いものにするかを決定します。

眼瞼黄色腫(がんけんおうしょくしゅ)は上下眼瞼(まぶた)にできる黄色の扁平な皮膚のデキモノです。

原因は、目を擦るなどの機械的刺激や炎症に伴って血液中のコレステロールが血管外に漏れ出て皮下に沈着します。黄色腫の方の約1/3は脂質異常症(高脂血症)と伴っており(*その場合は高脂血症Ⅱa型の場合が多いのです。)、その場合は両側性に発生することが多いです。一方で残りの2/3では高脂血症が認められません。

前者における脂質異常症(高脂血症)ではコレステロール値の異常高値が原因なのでそれを運動や内服加療などによって改善することは当然なのですが、これは皮膚に沈着した結果、皮膚のデキモノとなっているので血中コレステロール値を改善しても自然消失することはありません。

*前記のコレステロール値を改善することは大変重要です!心血管イベントと言って、脳梗塞、心筋梗塞などの重篤な病気の原因にもなるのが高脂血症ですのでしっかりとこれは治療しましょう〜、そして、それに伴って皮膚のデキモノである黄色腫の再発や増大を予防することにもつながります!

さて、本題に移りますと、、、

この方は、切除をご希望されたのですが・・・残念なことに他院で治療をお断りをされたようです。

上まぶたなので術後の形態変化などを危惧されてのことかと思われます。

黄色腫を治療する場合は今回のように手術をする場合と高周波メスを使用する場合があります。

*次回、高周波メスで行なった場合のケースをご紹介します。

他院などで行う場合は、CO2 レーザー(炭酸ガスレーザー)なことが多いようです。高周波メスもCO2レーザーも黄色腫を蒸散するタイプの治療では腫瘍を取ることはできるのですが、“取りっぱなし”となって創部を閉じることができないので上皮化といって周囲皮膚組織からの修復を待つことになります。その場合、傷跡は施術後赤みが長期間に渡り継続することになります。

今回は切除法を選択しました。

理由としては、

①上まぶたの内側にあること

②二重のラインに重なっていること

③単発型で形状が紡錘形に近いということ

でした。

↓1週間の状態です。

赤みはありますが、レーザー治療に比べてこの赤みは短期で無くなります。

二重の形態は崩れておりません。

次にこの方は1年前=開院当初に行った方です。

秋田の方です。こちらにいる娘さんに会いにきたついでにM’sに経過を診せに来ていただけましたー。

*嬉しい限りです!

ホクロは2箇所。上記のようにデザインして切除を行いました。

↓ご覧下さい!

1年ぶりに再会となったわけですが、施術した術者本人も最初どこをやったのか???わからない状況でした。

驚きました。。。

次に唇です。

ここをレーザーで行うことが多い施設が多いようですが、M’sでは切除して行います。というのは、唇の傷は非常に目立ちます。また赤唇(赤い部分)と白唇(白い部分)の境界をはっきりさせないと意外と目立つのでそこをズレないように綺麗に縫合することが重要です。

1週間後の状態です。赤みはありますが、施術1週間でこの状態なので1ヶ月も経過するとほぼわからない状態になるのではと期待ができます。

切らない眼瞼下垂(経結膜切開法)

今回ご紹介するのは、

“切らない眼瞼下垂(経結膜切開法)”です。

『切らない』というのは皮膚を切らないという意味です。皮膚を切開しないのでほぼダウンタイムはありません。

詳しくは、https://ptosis.ms-clinic.org

今回は“切らない”の中でも経結膜切開と言ってまぶたの裏側の結膜という場所を約1cm切開を行う方法です。局所麻酔と表面麻酔を併用すると無痛で行うことができます。

40代 女性です。過去に眉下皮膚切開を行ったことがあります(*これが後に問題となります。)。

↓一見、眼瞼下垂????と思われるかもしれません、、、

ですが・・・、

おでこにはシワがよっており、右45度から見てみると『眠そう』な目をしています。また、目の上は窪み、睫毛と眉毛の間も間隔が広い状況です。改めて正面の写真を見ていただければと思います。何か“驚愕”しているような、無理をされているような目の開き方というのを感じるかと思います。

施術前と施術後の比較です。施術前の上まぶたの皮膚にご注目ください。色白で非常に肌の綺麗な方です。皮膚の上から毛細血管が透けて見えるのですが、施術前は“見えすぎ”というくら見えています。施術後には毛細血管は見えていますが施術前ほどではありません。

これは、皮膚が伸ばされた=ストレッチされた状態のために起こった現象です。施術前は思うように目が開けません。ですから、眉毛をあげて(おでこの筋肉を利用して)モノを見ようとするので、眉毛の下が持ち上げられて引き伸ばされてしまったのです。

おでこのシワは無くなりました。

正面、右前45度、

左前45度です。

施術前比べ、施術後は自然な目の開き方です。それに伴い目のくぼみ、眉毛とまつ毛の間の間隔、おでこのシワも改善しました・・・、

ですが・・・、

残念なのは『二重幅』です。見かけの二重幅は側面から見るとほぼ認めません。正面から見ると辛うじて内側に二重幅が残っています。これは、過去に美容外科で眉下切開(通常、眉下切開では目尻側の皮膚を多くとる施術です。)を行われたために起こった事が原因です。

一度切除された皮膚は戻ってきません・・・・、

*よく眉下皮膚切除はどうですか?と聞かれることがあります。皮膚あまりは加齢に伴う現象です。加齢によって余剰皮膚がでて、hoodingと言って目尻側に皮膚が被ってきます。若い方(30代より若い方)で目尻側の皮膚が余っていることはよっぽどのことがない限りないと思います。若い方で眼瞼下垂によって起こっている現象を皮膚を切除したら改善するのでは?という相談を受けるのですが、その方の状況とお悩み、そして適応を考えた施術行うことが重要です。皮膚を調整することは後からでも可能です。その前に行うことがある場合はそれを優先するべきです。

二重 埋没法

本日、ご紹介するのは

30代 女性

お悩み:右側の二重のラインがぼやけている

施術名:二重埋没法(2点固定)

使用した麻酔量はトータル 0.4mlです。

 

左右差なくなり自然な二重のラインです。

こういったケースでの二重埋没法は良い適応です!

他院目頭切開後の修正

 

ケガや手術後にできる傷跡は、一度ついたら消せません。一生残ります。

ですが、、、

それが体にできるシワのようなものだったり、目立つ=気にならなければ良いわけなので、細心の注意を払っていつも望んでおります。

術後瘢痕の目立つ、目立たないは皮フ切開線でほぼ決まりますが、その後の術中操作、そして、もちろん創部を閉じるときの縫合技術、術後のケアなどによっても左右されます。

下の写真のまず左側をご覧ください。大きな傷跡があるのが分かりますか?

詳しくは、↓

ホクロ 皮弁形成

今回ご紹介するのは、他院での目頭切開を受けられた20代 女性の方です。修正を希望でした。

 目頭をもう少しシャープにさせたい、そして前回できた傷跡が目立つのでなんとかならないか?というお悩みでした。

術後半年以上経過しているの傷跡は白いです。白い傷は基本的には良い傷で成熟瘢痕と言います。。。

ですが、正面で見た場合に凹凸があって瘢痕が目立ちます。

また、目頭に注目すると、涙丘といってピンク色の粘膜ですが、比較的に見えている方なのですがもう少しシャープにしたいという要望がありました。

目頭切開時には必ず行うシミュレーションです。シミュレーション前後で比較してもらうと目頭を若干ですが広げることでシャープな印象の目になります。

ですから、控えめでかつ傷跡が目立たなくなるように、、、

デザイン=Z形成です。

術直後の状態です。出血も腫れもほぼありませんでした。

Z形成による皮弁の入れ換えを行うことで凹凸のある瘢痕を平坦かさせ、かつ鼻側に前進させることができました。

施術前と施術1週間後では、目→目と目の間(内し間)の距離は短くなりシャープな印象の目になりました。涙丘も程よく露出しており、形状も三角で良い状態です。

シミュレーション時と施術1週間後の比較です。術前シミュレーション通りの結果が得られたかと思います。

術後1週間で抜糸したばかりなのでまだ赤みはありますが、1ヶ月くらいで徐々にですが傷の赤みは消退していく予定です。

category