BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

眼瞼下垂症の分類

10代 女性

病歴背景:既往にアトピー性皮膚炎があります。幼少期はよく目を擦っていたようです。

症状:上転障害、頭痛、目のゴロゴロ、痛み、視野障害

施術名:眼瞼下垂症手術 挙筋前転法

さて、今回ご紹介するのは眼瞼下垂症のについてです。

眼瞼下垂は、主に以下の3つに分類されます。

①先天性眼瞼下垂(生まれつきの眼瞼下垂)

- 単純性眼瞼下垂
- 眼瞼縮小症候群
- 動眼神経麻痺

②後天性眼瞼下垂(生まれた時は眼瞼下垂はなかったがその後まぶたが下がってきた状態)

- 腱膜性眼瞼下垂
・ 加齢性眼瞼下垂
 ・ ハードコンタクトレンズ眼瞼下垂
- 神経に問題がある眼瞼下垂
・ 重症筋無力症
・ 動眼神経麻痺(脳梗塞、脳動脈瘤など)
- 筋肉に問題がある眼瞼下垂
・ ミトコンドリアミオパチー
・ 筋強直性ジストロフィー

③偽眼瞼下垂(一見眼瞼下垂のようであるがそうではない状態)

- 眉毛下垂
- 眼瞼痙攣
- 眼瞼皮膚弛緩症
- 眼球陥凹
- 小眼球症

今回ご紹介するかたは、生まれつき一重です。以前もご説明したかと思うのですが,『一重』は、~隠れ眼瞼下垂~とも言われています。

というのは、図にも示すように挙筋腱膜の停止位置が下(まつ毛側)にあります。二重の人に比べて相対的に挙筋腱膜が相対的に長いのです。長いということは眼瞼挙筋(まぶたを上げる筋肉)が収縮しても力が伝わりづらいということは直感的にお代わりになるかと思います。また、その他、眼窩脂肪が多かったり、ROOFと呼ばれる皮下脂肪も多いので、これらが抵抗成分となりまぶたを開けづらくしているのです。

プラス、この方の場合はアトピー性皮膚炎がそれも幼少期はかなり重度だったようです。10代後半の現在では軽快しているのですが、よく目を擦っていたようです。

少し眼瞼下垂から脱線しますが、アトピー性皮膚炎の目の合併症の最たるもので、『アトピー白内障』というものがあります。『アトピー白内障』は、若年に起こる視力低下、目のかすみなどの視覚障害を起こすものです。白内障は、目の中にある水晶体内のタンパク変性が原因です。アトピー性皮膚炎の方は痒みに対して擦ったり、叩いたりと、外傷=機械的慢性刺激をまぶたに起こします。外傷だけではありませんが、この機械的刺激が水晶体のタンパク変性を起こしている原因だと考えられています。眼球内にもこの機械的刺激が伝わるのであればその外側にある皮膚に影響が及ぼすもの当然です。

ですから、この方の場合は上記分類でいう①がベースにあって②が拍車をかけたと言えます。

歔欷前転法を行っていますので、当然皮膚の全切開を行っています。まぶたの動き(目を開いて、上を見てから~閉じて~下を見るまで)は自然です。切開線も通常の自然な二重のシワくらいになっています。

眉下切開 二重の調整

40代 女性

お悩み:二重の幅の左右差

元来二重の方ですが、右と左で二重の幅が違う状態でした。

左3mm, 右2mmでした。

黒目の大きさはほぼ等しく、眉毛の位置も同じ高さなので眼瞼下垂ではありません。

これは皮膚の問題です!

皮膚を調整するには2通りがあります。

①睫毛の上で調整する方法

②眉毛の下で調整する方法

 

①で行う場合は、眼瞼下垂や二重をしっかり形成するなどに行います。睫毛の上を切開するので出血・腫れる可能性は高いです。

この方の場合、二重であること、眼瞼下垂でもないこと、そしてダウンタイム(出血・腫れなど)も気にされていたので②の眉下で皮膚を切開しました。

適切な皮膚切開、適切な縫合方法で行えば抜糸時でもこれだけの結果が出せます。

そして、二重の幅も左右差がなくなり非常に満足されております。

二重埋没法(2点固定)

10代 二重埋没法

アイプチ(テープ、もしくはファイバーなど)で『二重』まぶたを演出されていました。アイプチは、毎日自分で『二重』を作らなければなりません。慣れてくれば再現性(同じ幅の二重を作ること)のある『二重』を作れるのかもしれませんが・・・、やはり時間と手間がかかるのが問題です。また、アイプチ:とくにテープのノリによってかぶれを作ったり、貼って剥がしてという行為によって色素沈着などを起こすことがあります。

M’sには10代の方がよく訪問してくださるので、アイプチをしている方の確率が多くて、やはりその方々のまぶたを見ていると、テープかぶれやそれに伴う黒ずみ(色素沈着)などが多く見受けられます。

二重の施術には大きく分けて、

Ⅰ)埋没法とⅡ)切開法がありますが、日本で行われている二重の施術の約90%は①の埋没法であると言われています。

その埋没法が選ばれる理由として

①ダウンタイムが少ない(まぶたの腫れなど)

②傷あとを残さない

③施術時間が早い

④切開法に比べて安価

⑤可逆性(幅が希望に合わなければ修正することが可能)

などがあげられます。

今回の方も10代で①〜⑤の希望に合い、かつアイプチに簡単に希望のラインが容易に作れる(⇦埋没法の適応です。)ということで2点固定で行いました。

眼瞼下垂

眼瞼下垂は、高齢者にだけ起こるものではありません。

今回のこの20代女性の方は、コンタクレンズユーザーで1年ほど前から視野が狭くなり、頭痛・肩こりなどの症状ができたということで来院されました。一見一重の目ですが、実は、、、、

下図は”一重”と”二重”の構造的な違いですが、

一重の方は腱膜と呼ばれるものが低い位置にあります。したがって、まぶたをあげる筋肉が収縮しても腱膜まで伝わる力が届きづらいので、相対的にまぶたを挙げる筋肉の機能は落ちることなります。実際、この方が天井を見るときは目を上に上げる力は非常に弱く顎を上げて見る必要がありました。

そして、

この方の場合、以前紹介した重症度分類で言えば右は中度〜重症、左は軽症〜中度の眼瞼下垂となります。

内反症=逆さまつ毛も合併していました(よくあります)。

術後1週間後の経過ですが、ほぼ腫れはなくバランスも良い結果です。

 

二重 埋没法

10代 女性

二重 埋没法

アイプチで普段から二重を作っていたようです。

以前からも言っていることですが、アイプチで二重が作れるようであれば基本二重埋没法が適応されます。また、アイプチをやっていると目の上のまぶたの皮膚がかぶれたりと長期で見ると色素沈着など合併症が多いのと、手間もかかり再現性にかける(いつも同じ幅の二重が演出できるとは限らない)ので、埋没法は良い選択肢であると考えています。

category