BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

目の下のクマ・たるみ 治療

本日ご紹介するのは40代 女性 お悩みは、目の下のクマです。

施術前

M’sクマ分類 出クマです(通称:黒クマ、影クマとよばれています。)。

クマは、「疲れた」顔の印象を与えてしまい、実年齢よりも老けた顔になってしまいます。

そこで、今回行ったのは↓

皮膚を切らないで出っ張った脂肪を取る:脱脂を行った後に、脂肪注入をて理想のカーブを形成します。

施術後(1か月後)

 

施術前

施術後(1か月後)

施術後(1か月後)

脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)の

手術合併症


だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱、目がゴロゴロする、左右差があると感じる、違和感を感じる、目の上、目の下のくぼみなど

 

脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)の

料金


価格:¥450,000(税別)

くぼみ目

くぼみ目

40代 男性

今回ご紹介するのは『くぼみ目』修正です。

目の上にくぼみが出来ます。これをくぼみ目と言います。

様々な原因に伴うくぼみ目ですが、多くは加齢に伴い

1.眼窩脂肪が萎縮する

2.眼瞼下垂に伴い眼窩脂肪の後退

のパターンで大きく二つに分けられます。

今回の症例の方は、上記の2.に伴うものだとご自分で思われて来院されました。

診察して目を拝見すると、著名なくぼみ目は認めるのですが、眼瞼下垂に伴うような黒目が見えなくなっている状況ではありませんでした。

眼瞼下垂によるものは、挙筋腱膜が伸びてしまったり、切れてしまっていることが多く、それに伴い上に存在する眼窩脂肪がそれに連れらて目の奥の方に後退してしまっています。眼瞼下垂症手術を行い、その後眼窩脂肪を適切な位置に戻すことでくぼみ目が修正されます。

一方、1.の眼窩脂肪が萎縮している場合では、これは家族性に伴うことが多く、両親なども同様な目の形をしていることがあります。今回の方もそうでした。

この場合、絶対量が少ないので補う必要があります。いくつかありますが、

1.脂肪移植

2. ヒアルロン酸

1の場合のメリットは生着したら一生ものですが、反対にデメリットではコストがかかるということと、移植する脂肪を別な場所から取って来る必要があるということです。

一方、ヒアルロン酸は簡便です。そして、ヒアルロン酸を↓のように注意しました。

目の下にクマがあるとの同様、目の上が逆にくぼんでいたら疲れたような印象を与えます。ヒアルロン酸の注入は低的簡便に行うことができます。

また、ヒアルロン酸は体内で分解・吸収されるので約6ヶ月で無くなりますが、目の上のヒアルロン酸は経験則ですがそれ以上、1年経過しても吸収されないことが多い印象があります。

 

施術名:ヒアルロン酸注入

合併症:アレルギー反応、出血、感染、形の不整、開瞼障害など

費用:65,000円(税別)

目の上 目の下  アンチエイジング

印象的な顔を表現するのに、『目の上』、『目の下』というのは大変重要です。

今回ご紹介するのは、50代 女性 『目の上』『目の下』の両方を行った方です。

 

目の上:上瞼のたるみ手術

合併症(リスクなど):出血、感染、腫れ、左右差、皮膚知覚障害、皮膚の色素沈着など

目の下:クマ治療=脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)+ミントリフト

合併症(リスクなど):出血、感染、腫れ、左右差、皮膚知覚障害、皮膚の色素沈着など

 

料金

上瞼たるみ取り

睫毛上切開 (片側) 175,000

*手術には下記の料金以外にお薬代5,000円がかかります。

下まぶたの手術

脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト) 450,000

*手術には下記の料金以外にお薬代5,000円がかかります。

 

初診時の状況をお見せします↓

初診時

最初の印象からは『疲れたような』、元気のないようなお顔の印象があります。目の上、目の下にわけて一つひとつ見ていくと、

目の上:くぼみ目、二重幅の乱れ、黒目が小さい

目の下:涙袋ががなく、大きな目袋(クマ)が目立つ

そして、全体的に頬が垂れ下がり、ほうれい線も目立って、たるみも気になる状況でした。

 

したがって、目の上に対しては上瞼のたるみ手術を行いました。目の上が改善して、つぎに目の下が気になるということで『目の下のクマ』治療を行うのですが、前述のように全体的にたるみのあるお顔でしたので、通常の脱脂+脂肪注入ではミッドフェイス(中顔面)の改善が得られません。結果としても物足りないものになる可能性があったのでミントリフトを併用した中顔面の改善を試みました。

施術前後の比較です。

フラッシュ(-)

フラッシュ(+)

涙袋までは形成しておりません(この年齢で涙袋がありすぎるとかえって不自然かもしれません。)が、目の下から頬にかけて一様なカーブを描き、たるみの印象が解消されているかと思います。

目の上、目の下は二つで一つ、片方が良くても、片方がダメであれば良い結果が出せない両輪の関係性です。また、目の下に関してはクマだけ治しても頬の位置が低ければあまり良い結果が出せません。これもまた同じ関係性です。

また、注目して頂きたいのは肌の明るさです。脂肪移植をすると肌が明るくなり肌艶が出てきます。脂肪幹細胞による影響でこれもまた自己再生の一部かと思います。

 

 

目の下のクマ治療 1年半経過

40代 女性

目の下のクマ治療

分類:出クマ(通称:黒クマ、影クマ)

施術名:脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)

エムズ開院当初に行った方です。施術後とくに問題なく経過して早1年半年がたちました。施術前⇒1か月後⇒3カ月後⇒5カ月後⇒1年半年後の経過をお見せします。

施術前

 

施術1か月後

 

 

施術3か月後

 

施術5か月後

 

施術1年6か月後

施術前後

1年半経過しても術後の状態はキープできています。

目の下のクマ:脂肪注入(ピュアグラフト)

目の下のクマは、目の上と同様目元を印象付ける大事なパーツです。

目の下の状況を変えるだけどで印象がガラリと変わります。

今回ご紹介する方は、脱脂+脂肪注入を他院で以前された方です。目の下がくぼんでいます。

影になっています。通称:黒クマ、影クマ(M’sでは出クマと呼んでいますが、)のように眼窩脂肪の突出はありません。。。

⇒脱脂が行われているので、当然といえば当然です。

最近脱脂のみ?ではどうかと相談されます。

確かに脱脂だけでも問題ない方もいます。脱脂だけで問題ないのは頬の位置が高いということ、頬脂肪体があまり下がっていないということが前提とはなります。

本題に戻ります。

確かに脱脂が行われており涙袋もあるのですが……

以前も提示したかと思いますが、このTear trough deformityというのがこの方の場合は目立つのです。

これを改善するのであれば何か注入すればよいのですが、、、

 

今回は、脂肪注入(ピュアグラフト)で行いました。

*脂肪注入の治療成績=生着率ですが、、医学的はまだ決着はついてません。

遠心分離をした方が良いのでは?

生食で洗った方が良いのでは?

何もしない方が良いのでは?

まだ分からないことだらけの領域です。移植なので一度生着してしまえば、他の注入系のものに比べて良い結果をもたらしくれます。

↓施術前のデザインです。

点線の部分に脂肪注入予定としました。

↓ピュアグラフトです。移植片(この場合、脂肪となりますが、)を愛護的に精製できます。

注入後の結果です。

↓施術後の結果です。

↓施術前後の比較です。  

大変ご満足頂いております。

 

category