BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

目の下のクマ治療:脂肪注入(ピュアグラフト)

先日の形成外科学会総会(福岡)での外国人招待講演は、アメリカ・マイアミのDr.Roger Khouriによる『乳房再建における脂肪注入』についてでした。

Dr.Khouriは、手の外科専門の形成外科医ですが、全ての形成外科分野に精通しているのがアメリカの形成外科医であり特に美容外科という分野においても同じ再建外科を行うということで大変立派な業績を残されている先生です(だから、招待されたのですけどね)。

先日、ある深夜番組でiPS細胞を発見した京都大学の山中教授が出演されていたのですが、脂肪という組織は非常に注目されている細胞です。とくに脂肪という塊の中に存在する脂肪幹細胞は、色々な細胞(皮膚、毛髪など)に分化することができる細胞です。また、免疫系や色々な機能にも関与しているので、ボディビルダーや女性から悪とされる組織である脂肪は一概になくても良いものではないということです。逆に、必要だということです(あり過ぎも良くないので、ほどほどな感じで脂肪がついているのがベストなんですが、これが難しい〜〜)。

私も、この脂肪という組織に幼少期より大変興味があり、それをライフワークとする形成外科、そして美容外科というものに自ずと導かれて現在に至るといった状況です。

福岡での講演の話に戻しますと、

乳がんなどで失われた乳房を再建するのに現在では多くの施設で脂肪細胞による脂肪移植が行われています。脂肪を移植するので(他部位から採取した脂肪を移すこと)、もちろん生着率(脂肪がどれだけ留まってくれるのか?)というものが重要です。

講演ではその脂肪移植の生着率に関しては、

①移植する脂肪細胞の状態

②移植床(=移植される場所、例えば今回のような顔や胸)の状態

③移植する外科医のスキル(技術)

④術後の状態:ケア

という4つの事象が相互リンクして脂肪移植の生着率が高まるという事でした。

今回紹介する、

脂肪移植:目の下のクマ治療に用いる脂肪は、太ももの内側より採取した脂肪を用います。目の下に注入する脂肪は、粒が細かいものが良いとされています。お腹などからも脂肪を取る事ができますが、粒が大きいのであまりオススメしておりません。

Dr.Khouri(クーリー)は、脂肪を採取したら大事な移植する細胞(=ドナーと言いいます。)を大事に扱います。遠心分離機などの負荷をかけないようにしているようです。←私もこれに関して同意見です。

移植するための脂肪は、麻酔液や血液といったものと一緒に採取されます。それらを分離するのに遠心分離機で行います。確かに、脂肪細胞とそれ以外のものを綺麗に分離することはできますが、この遠心分離機にかけることは脂肪細胞に3000回転という力を加えることになります。例えば、生身の人間に1分間に3000回転したらおそらく大変な事が起こるでしょう(場合によってしに至るでしょう。)。ですから、分離するという目的だけにそのような負荷を大事な移植片にかけてもいいものだろうか?という疑問をもつのは自然だと考えます。したがって、Dr.Khouriの考えには賛成ですし、M’s(エムズ)ではピュアグラフトという方法で脂肪細胞とそれ以外を分離することにしています。

ピュアグラフト↓に関しては、

目の下のクマ治療 3ヶ月後

 


脂肪移植術(注入)のことを踏まえて。

今回紹介する方は、

40代 女性

過去に他院で脱脂術のみを受けられた事がある方です。

お悩みは、目の下がくぼみ、皮膚のたるみも出始め、目の下のクマが再び目立つようになってきたという事でした。

カウンセリングで患者さん自身は、目の下の余った皮膚の切除を要望されていました。

確かに年齢と共に皮膚あまり=余剰皮膚という問題は発生してきます。また、脱脂術を受けられていれば目の下に出ていた眼窩脂肪が取れられてしまいます。皮膚の膨らみはなくなる一方でそこを覆っている皮膚はたるむので当然ですが皮フのあまりが生じます。

*脱脂術のみで上手くいく方とそうでない方がいるのでそこを見分けることも“目の下のクマ”治療をする上で大変重要なことです。

したがって、脱脂術を受けた場合には余剰皮膚は当然ながら年齢で生じるよりも早く生じてきます。

そういった現象が今回の方には起こりました。

ですが・・・、

今回の方に初めに余剰皮フ切除のみをお勧めすることはできませんでした。まずは形態変化を整えて、それでも余ったりシワが目立つような皮膚であれば次に切除する。それらを同時に行うことも可能です。

ですが、

余剰皮膚を切除すれば=皮膚を切除すれば縫合する必要があります。つまり、ダウンタイムです。

今回ダウンタイムを気にされていたので、まず行ったのが『脂肪注入:ピュアグラフト』です。

施術前と施術後(3ヶ月)の比較

いかがでしょうか?

脂肪注入のみでも目の下のクマが改善されており、たるみも軽減された方と思います。


術後の経過

術前の状態です。目の下に影があります。以前、説明したTear trough defomity↓

を認めます。

この方の術前のお顔全体を見ればわかりますが、目の下〜tear trough derfomity〜頬脂肪体〜ほうれい線と境界がくっきりと分けられており、それらが目立つようになっています。

若さの象徴とも言える目の下の理想的な形態は、涙袋〜頬が一様な凸面=S字カーブであるのが理想です。ですから、この方の要望で余剰皮膚切除だけでは、tear trough derfomityまでは改善することも出来ませんし、理想のカーブを形成するためのリフト効果は期待できません。

したがって、まずは形態変化を整えるため=tear trough deformityや頬の一様化を目指すことが必要だと考えました。

そして、それでも皮膚のタルミやシワが目立つようあれば皮膚切除を行う方が賢明だと考えました。

*上まぶたでもそうですが、一度切除した皮膚は戻ってきません。戻ってくるには年齢とともに弛んできた皮膚なので回復するのに10年以上時間が必要です。

*tear trough deformityを改善するだけであれば、ヒアルロン酸でも可能です。ヒアルロン酸は、tidel(チンダル現象:皮膚が水のように透ける現象)や吸収されるので反復して(半年に一回程度)行う必要あります。

施術直後の状態です。ほぼ腫れることもなく、tear trough defomiytも改善して終了する事ができました。

施術1週間後の状態です。

施術1ヶ月後の状態です。

施術3ヶ月の状態です。目の下から頬にかけての形態は整いました。こうなった時点で、目の下にできているシワのよう皮膚余りをトリミング(調整)するのは可能だと思います。

また、この方の場合、S字カーブの位置が下=ほうれい線に近いに位置しています。ミントリフトなどの中顔面リフトが必要だと思われます。それによって中顔面の位置=頬の位置を高くする事で理想的なS字カーブに近づける事ができると考えています。

中〜下顔面治療:目の下のクマ治療、ミントリフト

 

中〜下顔面治療:目の下のクマ治療、ミントリフト

本日、ご紹介するのは『目の下のクマ治療』に関してです。

そして、今回はミントリフトを併用して行ったということで今までご紹介していなかったので報告します。

基本、目の下のクマ治療には、

①脱脂術(皮フを切らないで目の下に飛び出た部分の脂肪:膨らみを取り除く方法)

②脂肪注入

③ ①+②のコンビ:脱脂+脂肪注入

④ヒアルロン酸注入

などがあります。

*その他、M’s(エムズ)では非侵襲的(針やメスを用いない方法)であるウルトラセルや最近導入したフラクショナルレーザー などもありますが・・・

今回は治療回数が少なく最も効果的な方法である手術治療の『目の下のクマ治療』である上の①〜③に補足するような内容となります。

まず、下の写真をご覧ください。

顔は上・中・下の3つのパーツに分けられます。これらを無視したやり方で治療を行いますと、目だけが異常に目立ったり、唇だけがという風になってしまいます。調和とバランスをよりよくすることで自然な若返りを求めることができるのでこれらを考えずに行うことはあまり良いことだと思いません。

*その中でも中顔面の目元は特に重要な部分を占めていると考えています

ということでを踏まえてこの方のお顔を改めて観察すると、

上顔面のエイジングは進んでおらず目立った印象はありません。

ですが、一方で目の下のクマ〜下顔面にあるマリオネットラインやゴルゴラインなどが目立ちます。

目の下のクマから頬にかけて、タルミとしての症状をこの場合認めます。

そして、当然目の下に関しては、上記の①+②=脱脂+脂肪注入を行いました。

↓結果です。

目元が明るくなりました!

目元の『目の下』に注目するとクマは改善されております。

ですが・・・、

何かまだクマが改善されていないような気がします。

そこで注目して頂きたいのが↓です。

上の写真で黄色の点線で囲った部位=頬脂肪体と言います。

実は、目の下のクマというのはM’sのホームページ(詳細は、http://ms-clinic.yokohama/circles.html)にもあるように、目元の眼窩脂肪〜頬脂肪体までの一連の“理想のカーブ”というものが乱れているために起こっています。そして、それを比較的ダウンタイムが少ない治療で行えるのが①脱脂もしくは②脂肪注入、もしくは③:①+②のコンビネーションです。ほとんどのケースがそれらで改善を見込めるのですが・・・、

今回のように頬脂肪体が下垂(タルミ)のあるケースだと、

目元だけを注目したら改善はしているのですが、

中顔面〜下顔面に置けるハーモニー(調和)を考慮すると、どうしても①、②、③では不足するのです。

そこで、今回併用したのがミントリフトです。

↓詳しくは、

スレッドリフト:ミントリフト

そのミントリフトを使用した後の結果がこちらです。↓

 

以前よりも強度と引き上げ効果を考えるとロング4本(片側)に行ったほうが結果は良いです。

 

目の下のクマ治療(中〜下顔面治療)の結果です↓。

いかがでしょうか?

自然な結果で、ダウンタイムも少なく、日常生活にほぼ支障も来さなかったということで大変ご満足頂いております。

目の下のクマ治療:透けクマ

20代 女性

お悩み:目の下のクマ

M’sクマ分類:透けクマ

施術名:脱脂術+ピュアグラフト(脂肪注入)

年齢関係なく『目の下のクマ』やたるみ、シワなどのご相談は多くいただきます。特に目の下にクマがあるとどうしても目元がボンヤリしてしまいます。印象的な目元を演じるにはクマはなくす必要があります。

今回のご紹介する方も目の下にクマがあります。10代の頃より気にされていたようです。このかたの場合、眼窩脂肪が多いタイプであり、そして眼輪筋が透けてしまっているM’sクマ分類でいう“透けクマ”でした。

フラッシュありでもクマは消えなくて余計に赤〜赤紫色となって目の下が強調されています。、そして、フラッシュなし撮影で目元に影を作っています。

したがって、眼窩脂肪は多いのでやはり脱脂術は必要です。

経結膜的に行います。この脱脂術において重要なのは適量を取るということです。

そして、この方の場合は脂肪注入(ピュアグラフト)を行いました。

結果です。

]

施術1か月後の状態です。

   

間接撮影でも目の下の眼輪筋の透け具合=赤〜赤紫色の皮膚の変調は認めません。

横から見た状態です。

↑施術前、フラッシュ(+)、(ー)撮影です。

↑施術前後の右斜位での比較です。上:施術前、下:施術後

↑施術前後の左斜位での比較です。上:施術前、下:施術後

通常、笑うと眼輪筋が収縮するのでクマが軽減されますが、施術前このかたの場合は出っぱりはなくなっても皮膚は赤〜赤紫色でした。

笑うと完全にクマはなくなり、オリジナルの涙袋が強調されて印象的な目元になりました。

目の下のクマ治療:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

お悩み:目の下のクマ

40代 女性

M’sクマ分類:出クマ

施術名:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

年齢とともに、眼窩脂肪の突出と頬の下垂(たるみ)によって目の下のクマが目立つようになります。このようなケースでは余分な眼窩脂肪はとる必要があるので適量の眼窩脂肪を皮膚を切らないで取り出します。

脱脂した直後の状態をご覧ください。余分な目の下の膨らみは無くなりましたが、下記に示す部位は改善しません。というのは、ここは解剖学的に粗なところで何もないといったら語弊がありますが脂肪や筋肉などがない場所です。ですから、ここの変形部位を改善すべく脂肪注入を行います。

*脂肪注入を行う際は、ピュアグラフトで行います。

詳しくは↓こちらを

目の下のクマ治療 3ヶ月後

 

結果です↓

クマは完全に無くなりました。tear trough deformityの部位も改善されています。

目の下のクマ:透けクマ

40代 女性

お悩み:目の下のクマ

M’sクマ分類:透けクマ

施術名:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

眼窩脂肪の突出=出クマによって青の矢印で示す部位周辺が青〜赤紫色になっています。

実際の診察ではそれほど出クマは高度(ひどくはない)ではありませんでした。ですが、こんなに透けてしまっている;透けクマの正体は、眼輪筋と呼ばれる目の周りの筋肉が人間の体でもっとも薄いとされている目の下の皮膚を通して透けてしまっていることが原因です。

やはり、眼窩脂肪の突出が原因なのもその一つなので、、、

脱脂を行います。経結膜と言ってまぶたの裏側よりアプローチをします。上の写真は脱脂が終了したところですが、先ほどの青矢印で示した部分の色が施術前に比べて薄くなったのがわかるかと思います。

眼窩脂肪は取りすぎてはいけないし、取らなさすぎもいけないので適量を取るというのが重要です。

次に、脂肪注入を行うための脂肪を太ももの内側より採取します。採取したシリンジ内には脂肪細胞と麻酔液、それに血液などが混ざった状態です。そのため純粋に脂肪のみを取り出すにはM’sではピュアグラフトを用いて行います

*ピュアグラフトに関する詳細は、こちらを↓

目の下のクマ治療 3ヶ月後

 

上の写真は右側のみ脂肪注入を行い、3/4工程が終了した時点で脂肪注入を行なっていない左側と比較した状態です。

透けクマがの下縁が段々と上に上がってきたのがわかります。

そして、脂肪注入を終了すると透けクマは完全に消失したのがお分かりかと思います。

フラッシュ撮影でより一層透けクマが改善されたのがお分かりかと思います。

category