BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

目の下のクマ:透けクマ

40代 女性

お悩み:目の下のクマ

M’sクマ分類:透けクマ

施術名:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

眼窩脂肪の突出=出クマによって青の矢印で示す部位周辺が青〜赤紫色になっています。

実際の診察ではそれほど出クマは高度(ひどくはない)ではありませんでした。ですが、こんなに透けてしまっている;透けクマの正体は、眼輪筋と呼ばれる目の周りの筋肉が人間の体でもっとも薄いとされている目の下の皮膚を通して透けてしまっていることが原因です。

やはり、眼窩脂肪の突出が原因なのもその一つなので、、、

脱脂を行います。経結膜と言ってまぶたの裏側よりアプローチをします。上の写真は脱脂が終了したところですが、先ほどの青矢印で示した部分の色が施術前に比べて薄くなったのがわかるかと思います。

眼窩脂肪は取りすぎてはいけないし、取らなさすぎもいけないので適量を取るというのが重要です。

次に、脂肪注入を行うための脂肪を太ももの内側より採取します。採取したシリンジ内には脂肪細胞と麻酔液、それに血液などが混ざった状態です。そのため純粋に脂肪のみを取り出すにはM’sではピュアグラフトを用いて行います

*ピュアグラフトに関する詳細は、こちらを↓

目の下のクマ治療 3ヶ月後

 

上の写真は右側のみ脂肪注入を行い、3/4工程が終了した時点で脂肪注入を行なっていない左側と比較した状態です。

透けクマがの下縁が段々と上に上がってきたのがわかります。

そして、脂肪注入を終了すると透けクマは完全に消失したのがお分かりかと思います。

フラッシュ撮影でより一層透けクマが改善されたのがお分かりかと思います。

肝斑、クマ、目尻に対するノーダウンタイム治療

今回ご紹介する方は、

目元のウェルエイジングです。

対象は50歳 女性の方です。眉毛も太眉、目もパッチリとされている方ですが・・・、

目元の周辺が何故かくらいためか、本来の太眉、瞳の大きさなどの魅力が半減してしまいます。。。

その正体は、

その①は、『肝斑』!・・・典型的な肝斑です。両頬に同じくらいで同じ色調の変化が認めれております。

*間接フラッシュ撮影で明らかなのがわかります。

その②は、『クマ』!!・・・以前もお話ししたTear trough deformity(涙が溢れて痕になっているような変形)です。

M’sクマ分類でいうと『透けクマ』です。このような変形をする方の多くは『出クマ』=眼窩脂肪の突出が認められることがあるのですが、この方の場合は眼窩脂肪の突出は認められません。頬脂肪体の下垂によってもともと解剖学的に疎な構造している部分が明らかになり、それに伴い眼輪筋が透けて見えてしまっています。

その③は、この上記の写真では分かりませんが、後に出てくる写真のように皮膚のシワ=通称カラスの足跡と呼ばれるシワが多数目の横に認められました。

そして、ノーダウンタイムを希望され治療した結果が

↓これです。

 

 

いかがでしょうか?実年齢には見えない結果です。

施術としては、

①肝斑→洗顔指導、日焼け止め(デルファーマ社製)内服(M’sプリトリートメント、UVロック)、レーザートーニング治療10回コース(2週間おき)

②クマ→ヒアルロン酸注入

③目の横の小じわ→ボトックス注射

肝斑がなくなって肌が明るくなり、目の下のクマを直すことで形態的変化が改善されます。

表情は上下ともに笑っているのが目元でわかるかと思います。

カラスの足跡=過剰なシワが改善されることでこのように自然な若々しい笑顔が得られます。

くぼみ目(ヒアルロン酸注入)その後

以前ご紹介した、『くぼみ目』ヒアルロン酸注入を行なった方ですが、その後の状況を見せにきていただきました。

結果です↓

完全に上まぶたのくぼみは無くなり、二重幅も戻り、自然な形態です。

フラッシュなしの撮影では影を見ることができます。施術後の状態では上まぶたの影はなくなっています。

 

↑施術前〜直後〜1ヶ月後の比較です。

直後では『足りない』のでは?という印象を受けられます。ご覧のように直後では二重幅に定まっておらず三重の状態です・・・、

ですが、直後はこれくらいの状態が良いのです。

というのは、

目元のヒアルロン酸注入を得意とする先生方は、ほぼ必ず↓

を使用しております。M’sもクマ治療目的にヒアルロン酸を行う場合はこれを使用します。

リデンシティⅡ:ヒアルロン酸が15mg/ml、8種類のアミノ酸、2種類のミネラル、ビタミンB6、3種類の抗酸化剤などの美容成分に、注入の際の痛みの緩和の為リドカインが少量含まれている注射です。

目のクマを形成するものの一つに血流不全がありますが、これを改善してくれる成分の上記が含まれるので、現時点ではこればベストなヒアルロン酸製剤と思っています。

↓横方向からの撮影でフッシュ+/ーでの比較です。

いかがでしょうか?

次に、上を向いた時、目を閉じたとき、下を見た時の状態です。

自然ですねー

と、

ここまでが上まぶた=くぼみの治療でした。

上まぶたで使用したリデンシティⅡですが、余ったので、、、

下まぶた=クマ治療も行いました。

結果です↓

この方は、M’sクマ分類『出クマ』なのでヒアルロン酸での改善は完全には難しいのですが、、、

ヒアルロン酸でも注入の部位や注入量で、こんな感じに影は少なくなります。

上まぶた同様入れすぎないようにするのが注入のコツなので、Tear trough deformity(下まぶたにある線のような影)は残っていますが、心配いりません。ヒアルロン酸は48〜72時間後に水を吸収するので膨張します。ですから、入れすぎてパンパンになってしまうより(パンパンに膨れ上がったら溶かすしかありません。)、足らないくらいが丁度良いのです。

何事も『過ぎたるは及ばざるが如し』です。。。

 

 

トーニング x HA(ヒアルロン酸)

40代 女性

お悩み:シミ(肝斑)+目の下のクマ

施術:レーザートーニング10回、M’sプリトリートメント内服、UV ロック内服、ヒアルロン酸注入

 

今回ご紹介する方は、典型的な肝斑です。

肝斑とは、両側頬部に『蝶々が羽を広げたような』または、漢字のごとく『肝臓』の形のような一様なシミであるため『肝斑』と呼ばれるようになりました。

原因は、様々ですが・・・

①紫外線

②顔をこする習慣のある方

③女性ホルモン

④加齢性変化

などなど、

治療は、

①M’sプリトリートメント(ビタミンC+トラネキサム酸)3ヶ月間の服用

②スペクトラによるトーニングレーザー治療(10回)

③エレクトロポレーション(with M’sオリジナル調整美容液)

を2週間間隔で行いました。

*この方の場合、非常に治療に熱心な方なのできちんと2週間間隔でM’sにきて頂き、そして内服薬も欠かさずに飲んでいただきました。

ちなみに、治療は7、8月と夏に重なっても行いました。→逆を返せば夏でも肝斑治療は可能だということです。

↓結果です。。。

見てお分りかと思います。

 

ですが・・・、

両ほほの肝斑が消えてもなぜか?目元がくらい・・・どうしてだろう??

そうです!

クマなんです!!

この方のクマは、Tear trough deformityといって解剖学的に粗な構造をしている眼窩部と頬部の境界線です。

若い頃は、頬のお肉=脂肪が上にあったのですが老化で下に落ちてきたため、ここが↓露わになったということです。

ですから、こういった『目の下のクマ』でもこのようなケースにおいては、ヒアルロン酸注入が良い選択肢となります。

*次回、もうちょっと詳しくご説明したいと思います。

ヒアルロン酸注入前後での比較です。

↓レーザートーニング治療〜ヒアルロン酸注入終了後までの経過です。

*フラッシュ無しなので、主にクマの評価をしております。

次にフラッシュありです。

トーニング前と

トーニング及HA(ヒアルロン酸注入)後の比較です。

目元のアンチエイジング

70代 女性の方です。

お悩みは、『目元』です。

目元は顔の老化を感じさせる重要なポイントです!目力という表現もあるくらい生き生きとした活発的なお顔を表現するのが『目元』だと考えています。

やはり、上まぶた、下まぶた共に垂れていると『疲れた』ような表情を演出してしまいますね、、

この方の場合は、

上まぶた:くぼみ目、皮膚あまり

下まぶた:出クマ(M’sクマ分類)

でありました。

↓結果です。

目力アップ!!!

大変満足されております。

category