BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

目の下のクマ治療(脱脂+脂肪注入:ピュアグラフト)〜部分モニター〜

目の下のクマ治療 部分モニター

20代 女性の方です。

施術名:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

M’sクマ分類:出クマ+透けクマ

以前も紹介した方です。3ヶ月が経過したのでその結果をご報告します。

上まぶたのくぼみが気になるということで、クマ治療に脱脂が必須・・・、でも脱脂をしすぎると目の上が凹む・・・、そういった難しいケースでしたが、、、

脱脂は適量を取る(取りすぎ厳禁;なんでもそうですが、『すぎたるは及ばざるが如し』)

確実に層を見極めて脂肪注入を行う。

その結果です↓

↑正面です。出クマとしては左の眼窩脂肪の突出が右に比べて認めます。また、左の上瞼の方がくぼみが強かったということです。

ですから、慎重に適量のみの脱脂を行いました。

↑左斜めから見た所です。綺麗なカーブです。

↑右は左比べてそれほど脱脂量は多くありませんでした。どちらかというと透けクマメインでした。

↓施術前のクマの状態です。右斜め前

施術前、施術1ヶ月後、施術3ヶ月後の比較です↓(正面)

↓左斜め

↓右斜め

透けクマの評価です↓。

赤紫色に見えた肌の色は解消されています。

非常にご満足いただいております。↑笑顔になっとき(クマが消えた!)にオリジナルの涙袋が見えて目元がより一層魅力的です。。。

目の下のクマ治療(出クマ+透けクマ+色クマ)

今回ご紹介する方のお悩みは、

30代 女性 『目の下のクマ』です。

色々なクリニックにご相談されたようですが、最終的にM’sで治療をされました。

M’sクマ分類:出クマ+透けクマ+色クマの全てが混合したタイプです。

以前より目の周りをこする習慣があるようで目の周りが長年の経過で色素沈着をしているのですが、前述のクマがよりいっそう目の周りの印象を暗させており、実年齢よりも老けて見えてしまっています。

瞼裂(けんれつ)といって、目の幅が大きいのが特徴です。非常に魅力的な眼球の形態です。目をこするのが原因なのか上まぶたが三重瞼(通称:みえ)になっています。瞼裂が大きい方は、眼球自体が大きい傾向があり、また眼球が大きいと眼窩と言われる眼球を納めている箱自体も大きい傾向にあります。そうすると、必然的に眼球を守るためのクッション的な役割をしている眼窩脂肪が多いことになります。

眼窩脂肪が多い→出る、突出している→『出クマ』

そして、後ろから前に『出クマ』が押すことで『透けクマ』が生じる。

目を擦るので、『色クマ』が生じる。

施術としては、まず①脱脂+脂肪注入、②光治療orレーザートーニングとなります。

*注:この方に、上記の施術以外に例えば、ヒアルロン酸注入をすると今回のような結果は得られなかったと思います。

治療結果です↓

クマは完全に消えました。

 

この方は、30代です。ほうれい線だけに注目してほぼ目立たない状態です。

ですが、『目の下のクマ』の影響で目の下〜頬にかけて垂れ下がった印象で、ほうれい線があるように見えてしまいます。

目の下のクマ治療を行うことによって、頬を高い位置にすることができます。

頬が高い=若々しく見える

ということです。

 

次に、『透けクマ』の評価です。

まず、透けクマってなに?

→目の下はその他の顔の部分と解剖学的に異なり、

皮膚→眼輪筋(目の周りの筋肉)=皮膚→筋肉と直結しており、皮下組織である脂肪がない状態です。

ですから、眼輪筋が透けてしまい赤〜紫のような色調を呈してしまいます。

なぜ?赤〜紫色なのかは、眼輪筋は筋肉です。筋肉は血流が豊富な組織です。

寝不足や疲れなどで『今日は、クマがひどい』とか言うのは、

寝不足や疲れなどで筋肉内の血流が悪くなって、血液が停滞することで血液内のメトヘモグロビン(メトヘモグロビン自体が青〜茶色です。)が多くなり、それによって皮膚を介して見えてしまっているのです。

『出クマ』を治療することで後ろから押している脂肪は取り除き、皮膚〜眼輪筋内に細かく脂肪を注入することで、今回のように『透けクマ』が解消されます。

 

次に色クマです。

この目の下のあたりがボンヤリ薄茶色のはメラニン色素によるものです。

ですから、この方は現在ひきつづき色クマの治療=美肌治療を現在進行形の状態です。

結果は追ってご報告したいと思います。

目の下のクマ治療(脱脂)+脂肪注入(ピュアグラフト)

30代 女性

お悩み:目の下のクマ

以前、他院でヒアルロン酸注入だとを行なったことがありました。クマは解消されないということで今回M’sで施術を行って頂きました。

施術1ヶ月後と施術前の比較です

目の下のクマは、M’sクマ分類でいう所の『出クマ+透けクマ』です。眼窩脂肪の突出によって眼輪筋が透けており、目元の印象を暗くしております。

左側:涙袋~頬にかけてのラインと出クマ(紫色の範囲)の範囲です。

右側:涙袋~頬にかけてのラインと出クマ(紫色の範囲)の範囲です。左>右で左の方が眼窩脂肪の突出が多いですね。

したがって、『出クマ』=眼窩脂肪は取らなければいけないので、まぶたの裏側より脂肪を取り出すのですが・・・、

この方は、上まぶたのくぼみ(通称:くぼみ目、Sunken-eye)が気になっており、脱脂をすると悪化するのでは?という心配をされていました。

眼窩脂肪は、眼窩という箱にある眼球を守るためのクッション的な役割をしています。当然、上まぶたにもあり、それは眼球の奥で繋がっています。ですから、老化現象で目の上がくぼみ、目の下が膨らむというのは当然であって、長年の老化=重力の影響で目の上の脂肪が下に垂れてくる(それだけではないのですが・・・)というのがお分かりになるかと思います。

この方が、懸念されているように脱脂を行いすぎると目の上が窪むのか?

答えは、Yesです。

ですが・・・

取らなければ『理想のカーブ』を描けないので、、

ですから、『理想のカーブ』を描くために必要な分だけを取り、目の上がくぼまないようにする!

それを心がけて施術を行いました!!

ご覧ください~

目の下は、『理想のカーブ』を描き、かつ心配されていた目のくぼみは認めません。

クマは解消されました。。。

 

涙袋〜ヒアルロン酸〜

20代 女性

お悩み:目の下のクマ

施術名:ヒアルロン酸注入

  

若い方でもクマはあります。眼球が大きい方は眼球を収める箱である眼窩が大きいので、眼球の周りにクッションの役割をする脂肪=眼窩脂肪も多いことがあります。

そのためM’sクマ分類でいう『出クマ』を形成しやすいです。

今回ご紹介する方も、瞳が大きいので出クマですが、それほど眼窩脂肪の突出は認めません。ですが、目元がぼんやりとしてしまうのは、もちろんクマが原因です。

この方の場合は、出クマ+透けクマ(眼輪筋がすけて目の下がの皮膚の色を呈しています。)なのです。

したがって、

こういった場合、ヒアルロン酸でクマを解消することができます。

ですが・・・、、、

↓見てお分かりかと思いますが、クマを治しただけではこのような目元のインパクトを演出することができません。

M’sでは余ったヒアルロン酸で涙袋形成(ヒアルロン酸注入:目の下を受けて頂いた方に無償で行っております。)を行っています!

 

 

比べてみてもおわかりかと思われますが、3か月経過しても変化はなく目の下の状態がキープされています。

1

目の下のクマ治療 3ヶ月後

目の下のクマ治療脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト3ヶ月経過したのでご報告します。

以前もご報告したケースですが、3ヶ月経過したのでその後の変化を見てみたいと思います。

では・・・、

その前に、なぜ3か月なのでしょうか?

というのは、施術後3か月を持って施術結果の安定期と考えております。それは通常の悪性疾患を除くもの全てで言えることかもしれません。一般的に3ヶ月をもって安定したと言えることでしょう(もちろん例外も存在ますが、、)。ですから、再手術や再度レーザー治療をする場合なども、やはり3ヶ月を経過して行う場合が多いです。それは創傷治癒の概念からして創傷(傷あと)が安定するのが3ヶ月だからです。これが一般的な概念です。

目の下のクマ治療3か月”

目の下のクマ治療では、M’sクマ分類:出クマでは脱脂+脂肪注入を行うことが多いです。施術工程は脱脂⇒脂肪注入の2段階です。これはできる限りダウンタイムを少なくして結果が出せる方法であると信じて行っています。

脱脂は皮膚を切らないで(経結膜的)脂肪を除去します(⇦目の下の出ている眼窩脂肪を取り除くためです。)。そして、目の下まぶた〜頬にかけて『理想のカーブ』を描くために脂肪注入を行います。脱脂も当然重要な作業なのですが、下まぶたの若返り(クマを治す)において最も重要なことはこの脂肪注入で『理想のカーブ』を描くことだと考えています。

脂肪注入は、通常、太ももの内側より脂肪を採取して脂肪処理(←この脂肪処理に関しては画一的な方法はなく、クリニックによって様々です。M’sではピュアグラフトを使用します。)を行い脂肪注入を行います。

脂肪注入は、顔ではない部位(この場合太ももの内側)の脂肪を顔に移動します。これを『移植』と言います。移植といってもさまざまがありますが、そのなかでも自家移植というものです。自家移植とは、自分の組織をある部位からある部位へ(太もも⇒顔など)移動させる方法です。身近なものでは植皮(やけどなどでダメになった皮膚を体の違う場所から皮膚を持ってきて移植する方法)や植毛(後頭部の毛を薄くなった部分に毛根ごと持ってくる方法)などがあります。自分のものを移動させる(自前)だけなので当然ですがアレルギーや拒絶反応などは認めません。一旦生着してしまえば周辺の組織となじんでしまい、生涯そのままの形態を維持してくれます。

目の下のクマ治療で行う脂肪注入も同様で移植です。自前の組織=脂肪を移動させるのでアレルギーや拒絶反応は起こりません。感染もほぼ起こりません。ですが、唯一問題となるのは、脂肪がどれほどなじんでくれるか?が問題です。とくに時間とともに減ってしまうことが問題です。例えば、内ももから採取した脂肪を10だとして、顔に10注入した場合、当然10生着して欲しいのが本音です。ですが、移植では100%生着(例えば、移動した脂肪10がそのまま10として残る)目指しますが、実際100%生着は難しいのが現状です。なぜなら、色々な要因が生着率100%を妨げるからです。それは施術中の手技も当然ですが、施術後の環境(移植を受けた方のライフスタイル、食生活、嗜好品:喫煙、飲酒などなど)などにも影響を受けます。

当然ですが、施術中のことで生着率をあげるには施術者の技量や考え方が左右します。

M’sでは施術中の要因で生着率に影響するものとして、そしてそれに対してM’sでhsどう行なっているかを下記に示します。

①採取方法→ウェットメソッド(従来の最も安全で新鮮な状態で脂肪を採取できる方法)

②採取した脂肪処理→ピュアグラフト(遠心分離機を用いないで処理する方法)

③注入の仕方

 

ピュアグラフトは、採取した脂肪を最も愛護的に扱い、余分なもの(麻酔液、赤血球など)取り除き純粋な脂肪だけを抽出する方法だと思っています。遠心分離機は、G=何千回転もさせることで余分なものと脂肪を分離します。

生身の人間が何千回転もされたらどうなるかは自明のことと思います。

脂肪も生身の人間を構成する一部です。それに対してGをかけることは・・・、

いずれにしろ、ピュアグラフト処理をした結果の3ヶ月後の結果が↓

下まぶた〜頬のかけての『理想のカーブ』は、1ヶ月と3ヶ月を比較しても変化がないのがお分かりです。

そしてのこの方は、実は、、

ホクロも取っているのですが、傷跡もほぼ分からなくなり大変満足されております!

 

 

 

category