BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

ダーマペン+クマ治療

20代 女性

お悩み:毛穴+クマ

ダーマペンに関しては以前ご紹介したと思われますが、今回も『毛穴の広がり』に対してダーマペンを行なった方をご紹介します。

ダーマペンは高速で極細の針が出て皮膚・真皮を刺激してコラーゲンやお肌の再生を促します。

ダウンタイムも少なく・効果的!そして、安価なので手軽にできる施術の一つだと思います!!

多く方は施術当日でこの赤みはなくなりますが、

この方の場合は↓ 2、3日続いたようです。。。

ダウンタイム以上に効果が抜群だったようで、、、

このように↓

毛穴の広がりは1ヶ月経過した状態でも施術前後での変化が明らかです。

施術2ヶ月後の状態です。

もともと目鼻立ちのはっきりとしたお顔立ちの方ですが、2ヶ月経過してお肌に関してはダーマペン効果が継続しており、いわゆる透き通るようなお肌=『美肌』になっているのは写真を見てお分りだと思いますが、、

それプラス何か違う?とお気づきになりましたでしょうか!?

そうです!!

クマですね〜〜、、M’sクマ分類でいう『出グマ+透けクマ』です。瞳が大きい方なのでその眼球を入れる箱である眼窩というものも大きいタイプです。箱が大きければ当然その中におさまるモノ=眼窩脂肪も多いはずです。したがって、涙袋の下に黒い影が出来ていて眼輪筋が押されて透けているのです。

『出クマ+透けクマ』であっても、まだお若いし眼窩脂肪もそれほど突出していないので、今回はヒアルロン酸の注入によってクマを改善することにしました。

プラス、もともと涙袋はある方ですが少しだけヒアルロン酸を注入して涙袋を強調させて上げることで、よりいっそう目元のアクセントがこんなにもシャープにハッキリとします!!

目元のアンチエイジング

目元のアンチエイジングです。

60代 女性の方です。以前、眼瞼下垂の手術をされました。頭痛や肩こりなどの症状もなくなり術後の経過は問題なく過ごされていたようです。

その後、

下まぶたの膨らみ:いわゆる『目袋』と言われるものです。これが気になるということで施術を行いました。

 

目元は全体的に重い印象を与えます。

今回の施術:脱脂はまぶたの裏側より眼窩脂肪を取り出します。

下の眼窩脂肪は、外・中・内の3つに分けられております。

適切な量をとりました。

上まぶた、下まぶたを含めて目元を構成しています。目元がスッキリされて非常に満足されております。

目の下のクマ・たるみ治療

目の下のクマ・たるみ治療

40代 女性

脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

目の下のクマ

M’sクマ分類:出クマです。まぶたの裏側より“出ている”眼窩脂肪を取り出し、脂肪注入を行いました。施術直後の状態です。ほぼ腫れはなく、内出血等も認めません。

1ヶ月後の状態です。いい状態です。下まぶた〜頬にかけての凸凹した感じは消えました。

下まぶた〜頬にかけてのラインが施術前、後で違うのがわかります。

目の下のクマ(脱脂+脂肪注入:ピュアグラフト)

40代 女性

お悩み:目の下のクマ

施術:脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)

GWに行った方が1ヶ月経過しました。非常に良い!状態です。

明らかにお顔が良い意味で変わって10歳若く見えます。久々に会う姪っ子さんも変わった様子にジロジロ見て、不思議な顔をしているようです。これだけ目元がしっかり回復したら子供でも気付きまよね!?この施術は回復施術:元の自分を取り戻すものなので何か特別な意味は持たなくて良いのでは?と思います。

 

 

目の下のクマ・たるみ治療:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

50代 女性 目の下のクマ・たるみ治療
施術名:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)
M’sクマ分類:出クマ

beforeでの下まぶた〜頬にかけてのラインは一様ではないのが分かります。
出クマの原因である眼窩脂肪やafterで見て分かるようにこの方はオリジナルの涙帯(涙袋)がある方なので、眼窩脂肪の突出のせいでラインが凸凹となっています。
以前も別の方でご説明したかと思いますが、涙帯(涙袋)はあった方が目元がクッキリとなり印象的な目となります。
一方、涙袋のように突出した構造である“出クマ”ですが、同じ突出したものでも目から離れてbeforeのようにクマの底辺が下に位置していると、目元が下がって“疲れた”印象の目、または影のような働きをして目元が一気に暗くなります。
beforeとafterを比較して、目の下の突起物の底辺を比較してもこんなにも高低差があるのがわかります。

category