BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

肝斑、クマ、目尻に対するノーダウンタイム治療

今回ご紹介する方は、

目元のウェルエイジングです。

対象は50歳 女性の方です。眉毛も太眉、目もパッチリとされている方ですが・・・、

目元の周辺が何故かくらいためか、本来の太眉、瞳の大きさなどの魅力が半減してしまいます。。。

その正体は、

その①は、『肝斑』!・・・典型的な肝斑です。両頬に同じくらいで同じ色調の変化が認めれております。

*間接フラッシュ撮影で明らかなのがわかります。

その②は、『クマ』!!・・・以前もお話ししたTear trough deformity(涙が溢れて痕になっているような変形)です。

M’sクマ分類でいうと『透けクマ』です。このような変形をする方の多くは『出クマ』=眼窩脂肪の突出が認められることがあるのですが、この方の場合は眼窩脂肪の突出は認められません。頬脂肪体の下垂によってもともと解剖学的に疎な構造している部分が明らかになり、それに伴い眼輪筋が透けて見えてしまっています。

その③は、この上記の写真では分かりませんが、後に出てくる写真のように皮膚のシワ=通称カラスの足跡と呼ばれるシワが多数目の横に認められました。

そして、ノーダウンタイムを希望され治療した結果が

↓これです。

 

 

いかがでしょうか?実年齢には見えない結果です。

施術としては、

①肝斑→洗顔指導、日焼け止め(デルファーマ社製)内服(M’sプリトリートメント、UVロック)、レーザートーニング治療10回コース(2週間おき)

②クマ→ヒアルロン酸注入

③目の横の小じわ→ボトックス注射

肝斑がなくなって肌が明るくなり、目の下のクマを直すことで形態的変化が改善されます。

表情は上下ともに笑っているのが目元でわかるかと思います。

カラスの足跡=過剰なシワが改善されることでこのように自然な若々しい笑顔が得られます。

トーニング x HA(ヒアルロン酸)

40代 女性

お悩み:シミ(肝斑)+目の下のクマ

施術:レーザートーニング10回、M’sプリトリートメント内服、UV ロック内服、ヒアルロン酸注入

 

今回ご紹介する方は、典型的な肝斑です。

肝斑とは、両側頬部に『蝶々が羽を広げたような』または、漢字のごとく『肝臓』の形のような一様なシミであるため『肝斑』と呼ばれるようになりました。

原因は、様々ですが・・・

①紫外線

②顔をこする習慣のある方

③女性ホルモン

④加齢性変化

などなど、

治療は、

①M’sプリトリートメント(ビタミンC+トラネキサム酸)3ヶ月間の服用

②スペクトラによるトーニングレーザー治療(10回)

③エレクトロポレーション(with M’sオリジナル調整美容液)

を2週間間隔で行いました。

*この方の場合、非常に治療に熱心な方なのできちんと2週間間隔でM’sにきて頂き、そして内服薬も欠かさずに飲んでいただきました。

ちなみに、治療は7、8月と夏に重なっても行いました。→逆を返せば夏でも肝斑治療は可能だということです。

↓結果です。。。

見てお分りかと思います。

 

ですが・・・、

両ほほの肝斑が消えてもなぜか?目元がくらい・・・どうしてだろう??

そうです!

クマなんです!!

この方のクマは、Tear trough deformityといって解剖学的に粗な構造をしている眼窩部と頬部の境界線です。

若い頃は、頬のお肉=脂肪が上にあったのですが老化で下に落ちてきたため、ここが↓露わになったということです。

ですから、こういった『目の下のクマ』でもこのようなケースにおいては、ヒアルロン酸注入が良い選択肢となります。

*次回、もうちょっと詳しくご説明したいと思います。

ヒアルロン酸注入前後での比較です。

↓レーザートーニング治療〜ヒアルロン酸注入終了後までの経過です。

*フラッシュ無しなので、主にクマの評価をしております。

次にフラッシュありです。

トーニング前と

トーニング及HA(ヒアルロン酸注入)後の比較です。

シミ:フォトフェイシャルM22

シミといえば・・・

M22の治療効果には驚きます!

40代 女性ですが、

ハイブリッド美肌コース(3回コース):

①ケミカルピーリング

②フォトフェイシャルM22

③エレクトロポレーション

1回目終了後と施術前を比較して見ました。 

1回でクスミ、シミが消えていくって、、、

そして、こういったシミ・雀斑に対してもこんなに強い効果を発揮するなんて、、、

感動です!!!

ダーマペン+クマ治療

20代 女性

お悩み:毛穴+クマ

ダーマペンに関しては以前ご紹介したと思われますが、今回も『毛穴の広がり』に対してダーマペンを行なった方をご紹介します。

ダーマペンは高速で極細の針が出て皮膚・真皮を刺激してコラーゲンやお肌の再生を促します。

ダウンタイムも少なく・効果的!そして、安価なので手軽にできる施術の一つだと思います!!

多く方は施術当日でこの赤みはなくなりますが、

この方の場合は↓ 2、3日続いたようです。。。

ダウンタイム以上に効果が抜群だったようで、、、

このように↓

毛穴の広がりは1ヶ月経過した状態でも施術前後での変化が明らかです。

施術2ヶ月後の状態です。

もともと目鼻立ちのはっきりとしたお顔立ちの方ですが、2ヶ月経過してお肌に関してはダーマペン効果が継続しており、いわゆる透き通るようなお肌=『美肌』になっているのは写真を見てお分りだと思いますが、、

それプラス何か違う?とお気づきになりましたでしょうか!?

そうです!!

クマですね〜〜、、M’sクマ分類でいう『出グマ+透けクマ』です。瞳が大きい方なのでその眼球を入れる箱である眼窩というものも大きいタイプです。箱が大きければ当然その中におさまるモノ=眼窩脂肪も多いはずです。したがって、涙袋の下に黒い影が出来ていて眼輪筋が押されて透けているのです。

『出クマ+透けクマ』であっても、まだお若いし眼窩脂肪もそれほど突出していないので、今回はヒアルロン酸の注入によってクマを改善することにしました。

プラス、もともと涙袋はある方ですが少しだけヒアルロン酸を注入して涙袋を強調させて上げることで、よりいっそう目元のアクセントがこんなにもシャープにハッキリとします!!

フォトフェイシャルM22

『フォトフェイシャル』

シミでお悩みの方は一度は耳にしたことがある響きかと思います。

フォトフェイシャルは光治療器(通称:IPL)と言います。

世に出回っている光治療器ですが、全部が全部同じというわけではありません。

まず、『フォトフェイシャル』という光治療器はルミナス社の製品↓(下記)です。

(*フォトフェイシャルは商標登録されております。)

とくに、このM22は最新機種であり非常にスペックの高い光治療器です。

現時点ではベストな治療器と言えます。

そんなM22のスゴいところを再認識したケースを経験したので以下に報告します!

まず、ざっとおさらいなのですが(詳しくはホームページをご覧ください。)、

フォトフェイシャルM22には様々な色味や肌悩みに対する波長が6種類搭載されており、それぞれ届く深さが異なります。表層のメラニンに届く波長や、赤味の原因になる血管に届く波長、またコラーゲンのある真皮深層に届く波長などを組み合わせることで、肌の透明感だけではなく、ハリのある弾力のある肌とタイトニングも同時に行う事ができます。

また、4つの特徴ですが、

40代 男性

お悩み:左頬部の赤ら顔(毛細血管拡張)

一般皮膚科でステロイドの外用薬を約1年間に渡り処方されて、塗り続けていた方です。

診察の結果、ステロイド外用は無効と診断しました。

*ステロイドの使用には注意が必要です!長期にわたる使用は控えなければいけません。

一部ステロイド性ざ瘡も認められましたが、左頬だけに広がる毛細血管拡張でした。フォトフェイシャルM22を照射したところ、

4回目でご覧の通りです。

『もっと、早くM’sに来れば良かった・・・、でも治って本当良かったです!!』

と受けた方は大変喜んでおります。

治療前の診断は全てに置いて重要です!

(間違った診断で治療をすることは、羅針盤を持たずに航海に出るようなものです。。。)

さることながら、フォトフェイシャルM22のスペックの高さに驚かされたケースでした。

 

category