エムズダイアリー|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック 美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

眼瞼下垂症(片側)

右側眼瞼下垂症

20代 男性

外傷歴、ハーゴコンタクト歴、アレルギーやその他原因となるものがなく、生まれつき(=先天性)でもないのに10代後半から右目の眼瞼下垂が認められた方でした。手術後、前回紹介した『ヘリングの法則』によって対側(=左側)には、この方の場合は症状が認められず経過しています。片側眼瞼下垂の場合、やはりもう一方=健康と思われたまぶたが下がってきてしまうことが多いのですが、やはり20代で長期わたるものではないからだと思われます。

写真コメントにもあるように、この方のオリジナルの目は二重ではありません。上眼瞼溝が深いので二重のようにも見えますが実際そうではありません。ですから、今回皮下・皮膚縫合を行う際は通常のようにではなく、二重ができないように縫合しました。結果、良い整容的にバランスがとれた状態となりました。

 

眼瞼下垂症(ヘリングの法則)

施術名:眼瞼下垂症手術

50代 男性

長期にわたるハードコンタクレンズユーザーの方です。右目のまぶたが下がってきた。上を見るのが辛く、まぶた全体が重い、頭痛や肩こりなどの症状があるということでした。右目が明らかに下がっています。眼瞼下垂症に関する詳しいことは、→こちらまでhttp://ms-clinic.yokohama/ptosis.html

とくにハードコンタクトレンズを使用している方は、将来的に眼瞼下垂症を起こすリスクがあります。ソフトコンタクトレンズ、メガネ、もしくはレーシックなどの変更が望ましいと思われます。

また、今回紹介する『ヘリングの法則』ですが片側だけの眼瞼下垂症を長期わたり呈した場合(放置された場合)、健常側(健康と思われるもう片方のまぶた)も下がってくる場合があります。この方には術前説明にこの『ヘリングの法則』を説明しておいたので、後日左側も行う予定です。*仕事の都合で両方を一度にすることは支障がきたすので、今回片側ずつ行うことになりました。

ニキビ、ニキビ跡(ピーリング+イントラセル)

施術名:ケミカルピーリング+イントラセル

お悩み:ニキビ、ニキビ跡、毛穴の広がり

10代 女性

青春のシンボルと言われる『ニキビ』ですが、やはり顔に一つでもあると嫌なものです。10代の女性でお顔全体に赤ニキビ、黄ニキビ、ニキビ跡、そして毛穴の広がりが目立つ方でした。まずは、ニキビ治療の王道であるケミカルピーリングを行い、回数を重ねるごとに赤ニキビができにくくなりました。ですが、長期にわたりニキビの炎症があったので、一部ニキビ跡や毛穴の広がりが目立ちました。再発の防止や滑らかなお肌を取り戻すのには積極的な治療が必要です。そのため、ウルトラセル(イントラセル)行い、イントラセル施行1ヶ月後にはこのような結果を得られることができました。

本人は大変満足されております。

眼瞼下垂症

施術名:眼瞼下垂症手術

お悩み:まぶたの重み、頭痛、肩こり、抑うつ気分

60代 女性

先日、行った施術をした方です。施術1ヶ月経過したので来院されました。花粉症はなんとか抗アレルギー薬などでコントロールされおり目などを擦るということもないそうです。開瞼機能(目を開く)に問題なく整容的(見た目)にも機能的にも大変満足されおります。また、更年期(50代前半)障害の時代より服用していた睡眠導入剤(入眠剤)や抑うつ気分を抑える薬などを施術後になって服用しなくなったということです。

やはり、以前も紹介した眼瞼下垂症施術によってQOL(Quality of Life=生命の質、人生の質)はあがるということが証明されました。

切らない眼瞼下垂症手術(経結膜法)

施術名:切らない眼瞼下垂(両側)

お悩み:まぶたの重み、二重の乱れ

40代 女性

他院で一度、埋没法で眼瞼下垂症手術を行われたことがある方です。初診の時に眼瞼下垂の人に共通する顔貌を呈しておりました。眼瞼下垂の方は、視野の障害=まぶたを上げる筋肉が弱っているため視野障害(見にくい)があり、それを代償(カバー)するためおデコの筋肉を使ったり、眉間の筋肉を使ったりします。そうすると、結果的にシワが寄ってしまいます。

一度、表=皮フ側から施術を受けていると皮フの下では癒着を認めています。ですから、表から=皮フを切開することで癒着を助長させてしまい術後に希望の二重ラインが形成されないことがあります。

したがって、今回は経結膜=まぶたの裏側からアプローチして修正を行いました。

結果は以下になります。

1ヶ月後の状態です。結果に大変満足頂いております。

category