エムズダイアリー|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック 美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

二重 埋没法

10代 女性

二重 埋没法

アイプチで普段から二重を作っていたようです。

以前からも言っていることですが、アイプチで二重が作れるようであれば基本二重埋没法が適応されます。また、アイプチをやっていると目の上のまぶたの皮膚がかぶれたりと長期で見ると色素沈着など合併症が多いのと、手間もかかり再現性にかける(いつも同じ幅の二重が演出できるとは限らない)ので、埋没法は良い選択肢であると考えています。

目の下のクマ(脱脂+脂肪注入:ピュアグラフト)

40代 女性

お悩み:目の下のクマ

施術:脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)

GWに行った方が1ヶ月経過しました。非常に良い!状態です。

明らかにお顔が良い意味で変わって10歳若く見えます。久々に会う姪っ子さんも変わった様子にジロジロ見て、不思議な顔をしているようです。これだけ目元がしっかり回復したら子供でも気付きまよね!?この施術は回復施術:元の自分を取り戻すものなので何か特別な意味は持たなくて良いのでは?と思います。

 

 

シミ取りレーザー後のケア

老人性色素斑に対しては、QスイッチNd YAGレーザー(スペクトラ)が非常に優れものです!

下のようなシミにもレーザー照射を行いました。その後の経過カサブタになりはがれ落ちるまで早くて1週間で、10日〜14日とはがれ落ちるまで時間を要する方もいます。中にはカサブタが取れた後もほんのり赤みが残る方もいます。レーザー照射は諸刃の剣です。メラニンを破壊するため正常な皮フ組織も含めて一旦やけど状態にしてしまいます。ですから、照射後にこのようにほんのり赤みが残るのは当然といえば当然です。

このような赤みのある皮膚は、非常に脆い皮膚でありまるで“赤ちゃんのようなウブな皮膚”と言えます。ですから、煩雑に扱う(例えば、顔をこする、化粧を落とすときに擦ってしまう、紫外線に当たるなど)ことで炎症を引き起こしまた元のシミに逆戻りということもあります。

ですから、レーザー照射後の肌の取り扱いは照射前以上にケアして頂くのが重要です!

その際、今回ご紹介するセレニューのコンシーラー:ハイドロキノン配合、SPF50, PA++++

日焼け対策をしながら、ハイドロキノンの作用でシミを作りにくくすると言った非常に理にかなった、レーザー治療後のケアにピッタリです!!

肝斑

肝斑は治療が難しいシミです・・・、、ですが、安心してください!

多角的な治療を行うことで下記のように改善しまします!!

40代女性、両側頬部に広がる肝斑でした。

まずは、

①日頃のスキンケア〜洗顔指導〜メイクアップ指導

②M’sプリトリートメント(ビタミンC+トラネキサム酸)3ヶ月間の服用

③スペクトラによるトーニングレーザー治療

④エレクトロポレーション(with M’sオリジナル調整美容液)

その他、高濃度ビタミンC点滴療法、外用(ルミキセル)などが有効です。

イボ(脂漏性角化症)

脂漏性角化症:

中年以降、出現するイボ状の良性腫瘍で老化現象の一つで老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」とも言われます。エルマン(高周波メス)で治療します。

皮膚良性の腫瘍の1つです。一般には「年寄りいぼ」とも言われ、文字のとおり、年を取るとでできます。皮膚の老化現象のひとつですが、若い人にもできることがあります。

顔、頭や全身どこにでもできます。いぼのようにざらざらしたできものです。初めは1,2ミリ位ですが、放っておくと少しずつ大きくなります。特に、日光の当たる顔には、数多くできてきます。老人性のシミも一緒にできることが多いようです。色は、普通の皮膚の色~淡褐色~黒色まで色々です。形も平らなものから、隆起するものまでいろいろです。かゆみを伴うこともあります。年々、少しずつ大きくなります。数も増えてきます。小さいうちに取ってしまえば、問題ありませんので、早めの処置をお勧めします。多発している人は、大きなものから、少しづづ除去しましょう。出来やすい人は、これを機会に年1度はチェックすることをお勧めします。

category