エムズダイアリー|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック 美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

顔面神経麻痺 ラムゼイハント症候群

半年以上前の事ですが、美肌治療で通っていた方がいつものように定期的なメインテナンスとたるみの治療であるウルトラセルのHIFU(ハイフ)治療をを希望され訪れて頂いた時の事です。

施術室でお待ちだったので、お肌の状況の確認とその日の施術内容の確認も兼ねてご挨拶をしに部屋に入った瞬間、すぐにお顔の異変に気付きました。

私:『どうしましたか?』

患者さん:『そうなんですよねー、なんか右側がおかしいんですよねーー、感覚がないというか・・・』

私:『いつからですか?』

患者さん:『今日朝起きてからです。大丈夫ですかね?HIFU(ハイフ)を今日やるの?』

私:『今日は美肌治療もハイフもやめましょう。診察室で続きをお話します。』

その時のお顔の状況です。↓

完全な右側の顔面神経麻痺です。

おでこにシワを寄せても右側はボトックスを打ったかのように動きません。

目を閉じても眼輪筋が収縮しないので閉瞼不全の状態です。

口の筋肉も障害を受けるので空気が漏れ、水を飲んでもこぼれてしまいます。

顔面神経麻痺は、突然起こります。特発性といって原因不明のものであれば、ウィルス性で起こる場合もあります。

顔面神経は脳神経の一つです。脳からでた神経繊維は耳の奥から外側=表情筋側に到達します。上の解剖図でいう黄色の繊維です。

これは以前に耳下腺腫瘍の手術をした際の術中の写真です。

白い繊維が顔面神経です。手術中この顔面神経の走行に注意しながら手術を行います。

そして、3日経過した時点のことです。↓

耳の周りに皮疹が出現しました。

結果的にこの方は、ウィルス性によう顔面神経麻痺=ラムゼイ・ハント症候群でした。

ラムゼイ・ハント(Ramsay Hunt)症候群は末梢性 顔 面 神 経 麻 痺 を 伴 う 帯 状 疱 疹 の 一病 型 で あ り 、そ の 病 因 は 水 痘 ・ 帯 状 疱 疹 ウ イ ル ス( v a r i c e l l a – z o s t e r virus:VZV)が再活性化することで起こります。単純ヘルペスウイ ル ス 1 型( h e r p e s s i m p l e x v i r u s t y p e 1 : H S V – 1 )が 主な原因で起こるベル(Bell)麻痺と比較して、顔面神 経麻痺の予後は不良で後遺症の残る頻度が高いこと から、早期診断と積極的な治療介入、誘発筋電図など による予後診断が重要です。そのためには、初期症 状によりラムゼイ・ハント症候群の診断をつけ、直ちに抗 ヘルペスウイルス薬とステロイド薬の投 与を開 始 す る ことが重要です。

したがって、この方には来院されたときよりステロイド及び抗ウィルス剤の投与を行いました。そして、以前に長男もお世話になった近くの耳鼻科医師にコンサルトを行いました。幸いにその先生は顔面神経の専門でしたのですぐに対応していただき加療が継続されたということでした。

そして、その後どうなったのか??と気にしていたのですが

ある日(発症から6ヶ月経過)美肌の予約が入り、来院されました。すぐにご挨拶すると後遺症もなく完全に治癒した状態でした。

その時の写真が↓こちらです。

後遺症も残さず完全に顔面神経は回復しており、

『先生があの時に早急な対応を取ってくれたので回復も早く後遺症も残さず済みました。』

と感謝の言葉を頂きました。。。

大変嬉しい患者さんとの再会でした!

切らない陥没乳頭形成〜

本日、ご紹介するのは『陥没乳頭』です。

陥没乳頭とは、乳頭=乳首が陥没し突出していない状態を言います。この疾患の問題点は、大きく二つあり

1. 見た目=美容・整容的な問題点

2. 授乳機能不全(赤ちゃんに授乳できない)⇨乳腺炎の合併

があります。

陥没乳頭を治療するには、特殊な吸引器具などで改善することも期待できる軽症の場合もありますが、それでも改善しない方には手術治療の適応ということになります。

従来の陥没乳頭形成術は、下図に示す『難波法』を代表するような皮弁(Z形成)を行って陥没した乳頭を上方に引っ張り出して固定するといった方法が一般的です。

そして、手術後は上の写真のように術後しばらくの間は吊り上げ固定をするといった事が必要です。多少なりともこの状態で生活しなければならないので制限が出てきてしまいます。

 

したがって、M’sでは『切らない陥没乳頭形成』という方法で行なっております。従来のように皮膚を切らない、また吊り上げ固定をする必要もないのでダウンタイムはほぼありません。また術後のフォローを行って後戻り=再発も今のとこ認めておりません。

症例を提示します。

症例は30代の女性でした。

『切らない陥没乳頭形成』を行いました。

手術前の状態です。完全に乳頭は乳輪側に落ち込んでいました。徒手整復でも突出不可能な状態でした。陥没した乳頭部=皮膚が折れこんだ部分に汚れが溜まり感染したりというエピソードも繰り返していました。

術後4ヶ月の状態です。後戻りは認めていません。

術後すぐに制限もないのでスポーツも可能だったりと、大変喜んでいただけました。

脱脂+ミントリフト

目の下のクマや顔のたるみをご相談いただく事が多いです。

以前もご紹介したかもしれませんが、

『たるみ』と言っても、下写真のように顔のたるみの部位を分ける事ができます。

年齢が30を過ぎると目立つようになってくるのが目の下のクマやタルミ=中顔面です。

でも、中顔面単独でタルミが目立つようなるということは少ないので・・・、

中顔面の崩れというか、タルミの流れは下顔面にも影響するので結果的には中〜下顔面の改善が必要となってきます。

今回ご紹介するのは、中〜下顔面のたるみ、目の下のクマのお悩みです。

40代 男性の方です。

ダウンタイム(出血や腫れのために社交的になれない時間)が取れないので、レスダウンタイム(=ダウンタイムが少ない)施術で効果が出せるのは?という事で

『脱脂術+ミントリフト』

という施術を行ったのでご紹介したいと思います。

結果です。

↑フラッシュ+の撮影です。

次にフラッシュなしでの撮影を提示します。フラッシュがないと影ができて濃淡がハッキリして描出されるので、タルミがあればより一層強調されます。

脱脂をしたら、脂肪注入をして綺麗なラインを作るというのが重要な事なのですが、

患者さんの要望などもありますので今回は脱脂+ミントリフトという二つの手技で中顔面〜下顔面の改善を試みました。

施術次の日から通常のように勤務されていたという事なのでほぼダウンタイムがない施術かと思われます。

目の下のクマ治療:脂肪注入(ピュアグラフト)

先日の形成外科学会総会(福岡)での外国人招待講演は、アメリカ・マイアミのDr.Roger Khouriによる『乳房再建における脂肪注入』についてでした。

Dr.Khouriは、手の外科専門の形成外科医ですが、全ての形成外科分野に精通しているのがアメリカの形成外科医であり特に美容外科という分野においても同じ再建外科を行うということで大変立派な業績を残されている先生です(だから、招待されたのですけどね)。

先日、ある深夜番組でiPS細胞を発見した京都大学の山中教授が出演されていたのですが、脂肪という組織は非常に注目されている細胞です。とくに脂肪という塊の中に存在する脂肪幹細胞は、色々な細胞(皮膚、毛髪など)に分化することができる細胞です。また、免疫系や色々な機能にも関与しているので、ボディビルダーや女性から悪とされる組織である脂肪は一概になくても良いものではないということです。逆に、必要だということです(あり過ぎも良くないので、ほどほどな感じで脂肪がついているのがベストなんですが、これが難しい〜〜)。

私も、この脂肪という組織に幼少期より大変興味があり、それをライフワークとする形成外科、そして美容外科というものに自ずと導かれて現在に至るといった状況です。

福岡での講演の話に戻しますと、

乳がんなどで失われた乳房を再建するのに現在では多くの施設で脂肪細胞による脂肪移植が行われています。脂肪を移植するので(他部位から採取した脂肪を移すこと)、もちろん生着率(脂肪がどれだけ留まってくれるのか?)というものが重要です。

講演ではその脂肪移植の生着率に関しては、

①移植する脂肪細胞の状態

②移植床(=移植される場所、例えば今回のような顔や胸)の状態

③移植する外科医のスキル(技術)

④術後の状態:ケア

という4つの事象が相互リンクして脂肪移植の生着率が高まるという事でした。

今回紹介する、

脂肪移植:目の下のクマ治療に用いる脂肪は、太ももの内側より採取した脂肪を用います。目の下に注入する脂肪は、粒が細かいものが良いとされています。お腹などからも脂肪を取る事ができますが、粒が大きいのであまりオススメしておりません。

Dr.Khouri(クーリー)は、脂肪を採取したら大事な移植する細胞(=ドナーと言いいます。)を大事に扱います。遠心分離機などの負荷をかけないようにしているようです。←私もこれに関して同意見です。

移植するための脂肪は、麻酔液や血液といったものと一緒に採取されます。それらを分離するのに遠心分離機で行います。確かに、脂肪細胞とそれ以外のものを綺麗に分離することはできますが、この遠心分離機にかけることは脂肪細胞に3000回転という力を加えることになります。例えば、生身の人間に1分間に3000回転したらおそらく大変な事が起こるでしょう(場合によってしに至るでしょう。)。ですから、分離するという目的だけにそのような負荷を大事な移植片にかけてもいいものだろうか?という疑問をもつのは自然だと考えます。したがって、Dr.Khouriの考えには賛成ですし、M’s(エムズ)ではピュアグラフトという方法で脂肪細胞とそれ以外を分離することにしています。

ピュアグラフト↓に関しては、

目の下のクマ治療 3ヶ月後

 


脂肪移植術(注入)のことを踏まえて。

今回紹介する方は、

40代 女性

過去に他院で脱脂術のみを受けられた事がある方です。

お悩みは、目の下がくぼみ、皮膚のたるみも出始め、目の下のクマが再び目立つようになってきたという事でした。

カウンセリングで患者さん自身は、目の下の余った皮膚の切除を要望されていました。

確かに年齢と共に皮膚あまり=余剰皮膚という問題は発生してきます。また、脱脂術を受けられていれば目の下に出ていた眼窩脂肪が取れられてしまいます。皮膚の膨らみはなくなる一方でそこを覆っている皮膚はたるむので当然ですが皮フのあまりが生じます。

*脱脂術のみで上手くいく方とそうでない方がいるのでそこを見分けることも“目の下のクマ”治療をする上で大変重要なことです。

したがって、脱脂術を受けた場合には余剰皮膚は当然ながら年齢で生じるよりも早く生じてきます。

そういった現象が今回の方には起こりました。

ですが・・・、

今回の方に初めに余剰皮フ切除のみをお勧めすることはできませんでした。まずは形態変化を整えて、それでも余ったりシワが目立つような皮膚であれば次に切除する。それらを同時に行うことも可能です。

ですが、

余剰皮膚を切除すれば=皮膚を切除すれば縫合する必要があります。つまり、ダウンタイムです。

今回ダウンタイムを気にされていたので、まず行ったのが『脂肪注入:ピュアグラフト』です。

施術前と施術後(3ヶ月)の比較

いかがでしょうか?

脂肪注入のみでも目の下のクマが改善されており、たるみも軽減された方と思います。


術後の経過

術前の状態です。目の下に影があります。以前、説明したTear trough defomity↓

を認めます。

この方の術前のお顔全体を見ればわかりますが、目の下〜tear trough derfomity〜頬脂肪体〜ほうれい線と境界がくっきりと分けられており、それらが目立つようになっています。

若さの象徴とも言える目の下の理想的な形態は、涙袋〜頬が一様な凸面=S字カーブであるのが理想です。ですから、この方の要望で余剰皮膚切除だけでは、tear trough derfomityまでは改善することも出来ませんし、理想のカーブを形成するためのリフト効果は期待できません。

したがって、まずは形態変化を整えるため=tear trough deformityや頬の一様化を目指すことが必要だと考えました。

そして、それでも皮膚のタルミやシワが目立つようあれば皮膚切除を行う方が賢明だと考えました。

*上まぶたでもそうですが、一度切除した皮膚は戻ってきません。戻ってくるには年齢とともに弛んできた皮膚なので回復するのに10年以上時間が必要です。

*tear trough deformityを改善するだけであれば、ヒアルロン酸でも可能です。ヒアルロン酸は、tidel(チンダル現象:皮膚が水のように透ける現象)や吸収されるので反復して(半年に一回程度)行う必要あります。

施術直後の状態です。ほぼ腫れることもなく、tear trough defomiytも改善して終了する事ができました。

施術1週間後の状態です。

施術1ヶ月後の状態です。

施術3ヶ月の状態です。目の下から頬にかけての形態は整いました。こうなった時点で、目の下にできているシワのよう皮膚余りをトリミング(調整)するのは可能だと思います。

また、この方の場合、S字カーブの位置が下=ほうれい線に近いに位置しています。ミントリフトなどの中顔面リフトが必要だと思われます。それによって中顔面の位置=頬の位置を高くする事で理想的なS字カーブに近づける事ができると考えています。

中〜下顔面治療:目の下のクマ治療、ミントリフト

 

手のシミ ICON Max G(アイコンマックスG)

M’sには光治療器(IPL)が2種類あります。

一つは、フォトフェイシャル M22という機種で以前にもご紹介したことがある光治療器です。

フォトフェイシャル M22に関して

非常にスペック(機能)が高いのでシミ・くすみなど肌の色ムラなどの改善や赤ら顔・血管拡張症などの色に対しても強く、そして毛穴・引き締め効果などといったお悩みにも解決してくれるので幅広く活躍してくれている治療器です。また、皮膚に接触する部位の冷却システムがしっかりしているので、他社などの光治療器で施術後のトラブルであるヤケドなどのリスクはほぼ皆無に等しいと言われております。M’sを開院してから約2年の間でそういったことは起きておりません。

もう一つは、最近導入したICON(アイコン)Max Gという機種です↓(下のようになります)。

どうして、光治療器が2種類も必要なの?と言われたら・・・、

フラクショナルレーザー XDを導入したら一緒についてきた(付けたらお得だった)という理由です。。。

実は、ICON(アイコン)にはフラクショナルレーザー (ニキビ跡や傷跡の専門治療器)と光治療器が両方搭載できます。

(↓フラクショナルレーザー XDについては下記を参照)

フォトフラクショナル、好転反応

フラクショナルレーザー XD

ニキビ跡やニキビで悩んでいる人に、ダウンタイムが少ない方法で改善することはできないか?という思いで導入したICONです。

当初はM22があるので、どうやって使用したらいいのだろう〜?と思っていましが、、、

実はこのMaxGという光治療器〜〜〜、、

かなりの優れものでした!!!

MaxGは、500〜670、そして800〜1200nmという二つの波長を持っているので

シミの原因であるメラニンと血管病変(赤ら顔、酒さ、血管腫など)のヘモグロビンに吸収されるのです。

また、一般的には血管病変に対しては色素レーザー というものがありますが、このMaxGはその色素レーザー と同等の効果を得ることができるとも言われています。

赤い病変は、そのほかにもニキビ跡の炎症や傷跡(ホクロ治療後の赤みなど)の赤みも早く改善することが期待できるので、これまた幅広い範囲で活躍してくれる治療器だと言えます!

さて、

今回は50代 女性のお悩み『手のシミ』です。

手のシミは、年齢を感じさせてしまいます。顔より多くの時間自分の目に入ってきてしまいますので多くの方が悩んでおられます。

こういった手のシミにもICON(アイコン)MaxGは威力を発揮してくれます!

↓ご覧ください。

いかがでしょうか?

一回の施術でシミがこんなにもなくなるので、受けた方は大変喜んでおられます。

category