エムズダイアリー|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック 美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

脂肪腫

以前もご紹介しましたが、『脂肪腫』に関する今回の記事内容です。

簡単ですが、

(脂肪腫とは)

皮下に発生する軟部組織の腫瘍の中では最も多くみられる良性の腫瘍( できもの)です。脂肪腫には、皮下組織に見られる浅在性脂肪腫と、筋膜下、筋肉内、筋肉間に見られる深在性脂肪腫があります。

身体の各部に発生しますが、背部、肩、頸部などに多く、次いで上腕、臀部、大腿などのからだに近い方の四肢に多くみられます。顔面、頭皮、下腿、足などは比較的まれです。

*(→多くの方が、『脂肪の塊が顔にできた!』と来院されることが多いのですが、このように顔に脂肪腫が発生することは稀で多くは『粉瘤』であることが多いです。)

大きさは数mm径の小さなものから、直径が10センチ以上に及ぶものまでいろいろです。通常、痛みなどの症状は無く、皮膚がドーム状に盛り上がり、柔らかいしこりとして触れます。

 

首の後ろにできる柔らかい皮下のデキモノは脂肪腫もしくは粉瘤のことが多いです。どちらにしても首の後ろにできたデキモノは下の皮下組織と激しく癒着と言って硬くくっついていることが多いです。(*術操作が結構大変です)

脂肪腫に関しては、術前検査として

→診断は、臨床症状と、画像検査で行います。画像検査にはエコー検査、CT検査、MRI検査があります。MRIでは上記のようにはっきりと描出され、また解剖学的な位置関係が把握できるので行うことが多いです。

また、区別を要する疾患として、皮膚由来の嚢腫や軟部組織の肉腫(悪性腫瘍)などがあります。画像上、悪性の分化型脂肪肉腫と鑑別が困難なこともあります。

ですから、手術によって摘出し、病理組織学的検査を行った方が良いです。

極端な言い方かもしれませんが・・・、

というのは、先日、癌研有明病院整形外科にある患者さんをご紹介しました。40代 男性の方です。左大腿部にできた皮下腫瘍でした。触診上、脂肪腫が疑われて摘出をしたのですが病理検査の結果では悪性の脂肪肉腫という診断でした。

こういうことも稀にあるためデキモノに関してはできるだけ早期に治療をすることをお勧めします。

目の下のクマ:透けクマ

40代 女性

お悩み:目の下のクマ

M’sクマ分類:透けクマ

施術名:脱脂+脂肪注入(ピュアグラフト)

眼窩脂肪の突出=出クマによって青の矢印で示す部位周辺が青〜赤紫色になっています。

実際の診察ではそれほど出クマは高度(ひどくはない)ではありませんでした。ですが、こんなに透けてしまっている;透けクマの正体は、眼輪筋と呼ばれる目の周りの筋肉が人間の体でもっとも薄いとされている目の下の皮膚を通して透けてしまっていることが原因です。

やはり、眼窩脂肪の突出が原因なのもその一つなので、、、

脱脂を行います。経結膜と言ってまぶたの裏側よりアプローチをします。上の写真は脱脂が終了したところですが、先ほどの青矢印で示した部分の色が施術前に比べて薄くなったのがわかるかと思います。

眼窩脂肪は取りすぎてはいけないし、取らなさすぎもいけないので適量を取るというのが重要です。

次に、脂肪注入を行うための脂肪を太ももの内側より採取します。採取したシリンジ内には脂肪細胞と麻酔液、それに血液などが混ざった状態です。そのため純粋に脂肪のみを取り出すにはM’sではピュアグラフトを用いて行います

*ピュアグラフトに関する詳細は、こちらを↓

目の下のクマ治療 3ヶ月後

 

上の写真は右側のみ脂肪注入を行い、3/4工程が終了した時点で脂肪注入を行なっていない左側と比較した状態です。

透けクマがの下縁が段々と上に上がってきたのがわかります。

そして、脂肪注入を終了すると透けクマは完全に消失したのがお分かりかと思います。

フラッシュ撮影でより一層透けクマが改善されたのがお分かりかと思います。

高齢者 眼瞼下垂症手術

先日、近医皮膚科よりご紹介をいただいた98歳 女性の方です。

下の写真にあるように左頬部にできた隆起性の皮膚病変、急速に大きくなり腫瘍直上より出血が認められるということでご紹介をいただきました。

病理組織の結果は、

偽癌性軟属腫(ケラトアカントーマ):

ケラトアカントーマは、急速に成長する皮膚腫瘍で、毛包に由来し、扁平上皮癌と組織学的に類似します。自然消退をすることがあり、消退傾向を示す高分化型の有棘細胞癌であると考えられています。しかしながら,必ずしも消退するわけではないため,また、自然消退後はかなりの瘢痕を残すことがあるので生検または切除が推奨されます。

耳側にある衛生病変(結果は脂漏性角化症でしたが)も含めて切除しました。傷跡がまだ残っていますが徐々に消退するものとを思われます。

そして、左頬の治療が一旦落ち着いたところで、ご家族より目:眼瞼下垂症の治療をご希望があり治療を行いました。

今まで最も高齢の方の眼瞼下垂症手術でした。。。

ご高齢の方ということで思い出すのが・・・、

『ご高齢だからという理由だけで治療をしないのは医療側のエクスキューズ(言い訳)だ! 年齢というファクター(因子)だけで医療者側が手術を拒むことは許されない・・・』と、研修医時代にある著名な外科医より言われたことを思い出します。

左目はほぼ閉じており、それに伴い目脂がついて余計目が開けられない状態でした。

前回示したように若年者と高齢者の眼瞼挙筋の比較で、高齢者における高度の眼瞼下垂がある場合には眼瞼挙筋は脂肪変性をしているため、場合によっては通常の挙筋前転法だけでは十分なまぶたの開きが得られないことがあります。

ですが、この方の場合薄っすらと赤〜ピンク色した繊維性組織が確認できます。

ですから、結果として右と左で多少の左右差はありますが施術前に比べて随分と目が開けたかと思います。

本人、ご家族より施術をして大変良かった!、見えるようになった!!とお言葉をいただいております。

他院目頭切開後の修正

 

ケガや手術後にできる傷跡は、一度ついたら消せません。一生残ります。

ですが、、、

それが体にできるシワのようなものだったり、目立つ=気にならなければ良いわけなので、細心の注意を払っていつも望んでおります。

術後瘢痕の目立つ、目立たないは皮フ切開線でほぼ決まりますが、その後の術中操作、そして、もちろん創部を閉じるときの縫合技術、術後のケアなどによっても左右されます。

下の写真のまず左側をご覧ください。大きな傷跡があるのが分かりますか?

詳しくは、↓

ホクロ 皮弁形成

今回ご紹介するのは、他院での目頭切開を受けられた20代 女性の方です。修正を希望でした。

 目頭をもう少しシャープにさせたい、そして前回できた傷跡が目立つのでなんとかならないか?というお悩みでした。

術後半年以上経過しているの傷跡は白いです。白い傷は基本的には良い傷で成熟瘢痕と言います。。。

ですが、正面で見た場合に凹凸があって瘢痕が目立ちます。

また、目頭に注目すると、涙丘といってピンク色の粘膜ですが、比較的に見えている方なのですがもう少しシャープにしたいという要望がありました。

目頭切開時には必ず行うシミュレーションです。シミュレーション前後で比較してもらうと目頭を若干ですが広げることでシャープな印象の目になります。

ですから、控えめでかつ傷跡が目立たなくなるように、、、

デザイン=Z形成です。

術直後の状態です。出血も腫れもほぼありませんでした。

Z形成による皮弁の入れ換えを行うことで凹凸のある瘢痕を平坦かさせ、かつ鼻側に前進させることができました。

施術前と施術1週間後では、目→目と目の間(内し間)の距離は短くなりシャープな印象の目になりました。涙丘も程よく露出しており、形状も三角で良い状態です。

シミュレーション時と施術1週間後の比較です。術前シミュレーション通りの結果が得られたかと思います。

術後1週間で抜糸したばかりなのでまだ赤みはありますが、1ヶ月くらいで徐々にですが傷の赤みは消退していく予定です。

リポセル:二の腕、バナナロール、太もも外側

リポセルのモニター様の3ヶ月後の結果が出ましたのでご報告します。

今回行った照射した部位は、

トータル:26エリア

①二の腕:10エリア

②バナナロール、太もも外側:16エリア

 

照射エネルギーレベルは、

①二の腕:レベル15

②バナナロール、太もも外側:レベル15

 

二の腕の計測:

施術前−右28.5cm、左28.5cm

施術後−右26cm、左26cm

結果です↓

明らかに減りました。

二の腕も、お尻も一回り小さくなりました。。。

category