エムズダイアリー|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック 美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

くぼみ目|腱膜性眼瞼下垂| 

くぼみ目、

医学用語では上眼瞼陥凹症といいます。原因による分類が下記のようになります。

1.遺伝性(家族性)

2.加齢性

3.医原性

4.眼瞼下垂症性


1.遺伝性は、文字通り家族内でそのような目の形態をしている方です。若い頃より上まぶたがくぼんでいます

2.加齢性は、4と重複することもあるのですが眼瞼下垂がないのに脂肪萎縮が生じて上まぶたが次第にくぼんでくる方です。

3.医原性は、重瞼術(二重)や下まぶた形成などで眼窩脂肪もしくはROOFと呼ばれる眼輪筋下の脂肪を摘出した経歴がある方です。

4.眼瞼下垂に伴う方です。眼瞼下垂になると瞼が重くなります。以前からも他の記事で紹介していただいているように腱膜が伸びる、もしくは切れることで眼瞼挙筋が目の奥に引っ込んでしまいます。それに伴って挙筋及び挙筋腱膜の上に存在する眼窩脂肪もつられて後ろに引っ込んでしまうのです。


今回ご紹介するかたは、4の眼瞼下垂症性です。

『眠そうな目』と自他ともに認識されていました。夕方になると症状(見にくい、まぶたが重い、開けてられない)が増悪するので非代償性眼瞼下垂です。

施術前後の比較です。

施術前後で目に力がでたかと思います。二重幅も20年前に戻ったということです。くぼみ目も改善しました。大変喜んで頂けています。

眼瞼下垂症の

手術合併症


出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔によるアレルギー、再発、ドライアイ、一過性の視力低下、顔貌の変化、二重の左右差、上まぶたの皮膚知覚障害など

 

眼瞼下垂症の

料金


粉瘤手術にかかる自己負担金

眼瞼下垂症手術(挙筋前転法):片側  約 ¥22,500円

眼瞼下垂症手術(挙筋前転法):両側  約 ¥45,000円

粉瘤|M’sくり抜き法|症例1

皮膚のできもので最も多い皮膚腫瘍

それは、↓

粉瘤|【傷が小さい日帰り手術】

*詳しくは上記を、

粉瘤の治療では従来法とくり抜き法という方法を用いて行っているのですが、M’s(エムズ)ではオリジナルのM’sくり抜き法という方法を行っていますので、それをご紹介したいと思います。

 

顎にできた粉瘤です。長期にわたって存在したようです。感染などは起こしたエピソードはないようです。

エムズでは、通常のくりぬき法で使用するパンチという円形のメスは使用しないで行っています。 

粉瘤の袋を破らずに丁寧に剥離することで、一塊として袋を含めた粉瘤を取り出すことができます。

縫合して終了したところです。このキズの状態はまた追ってご報告したいと思います。

 

粉瘤(ふんりゅう)・アテロームの

手術合併症


出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔によるアレルギー、再発など

 

粉瘤(ふんりゅう)・アテロームの

料金


粉瘤手術にかかる自己負担金

露出部  ¥5,000〜¥14,000円

非露出部  ¥4,000〜¥13,000円

*露出部とは、半袖半ズボンの衣服を着用して衣服で肌が覆われない部位、例えば顔や首、前腕や膝下などの部位を言います。一方で、非露出部はその反対で衣服で覆われている部位を示します。

*費用の幅は、部位や大きさによって変わります。

おでこのケガ|出血|縫合 

今回ご紹介するのはおでこの傷、外傷です。

夏休みなのでお出かけ先で受傷されてくるかた多い季節です。

今回紹介するのは小児のおでこのキズです。石がおでこに当たり受傷した子です。医学的には割創、挫滅創というキズの種類になります。おでこには前頭骨といって骨が出っ張っています。

皮膚-薄い皮下脂肪-前頭筋-骨膜-前頭骨という層で成り立っているのですが、この構成は他の部位と違って皮膚から骨までが浅いので、おでこを強い衝撃でぶつけると(強くなくてもインパクトで)、前頭骨と衝撃物の間に挟まれた組織は『パカッと』開いたキズになることが多いです。

*ボクシングなどを見ていて、目の上を切るとすごく流血するシーンがあるかと思います(興奮しているのでそれだけで出血はするのですが・・・)。あれも同様に深い傷になるのでものすごい出血となります。

初診時

麻酔をして傷の深部を見てみると白く見えるのは前頭骨です。その手前の骨膜が破損しています。

衝撃物は石なので創縁(傷口)は挫滅(グチャグチャ)しているので縫合が困難です。ですが、可及的に縫合を行い、、、

3カ月後

3カ月後の状態です。日焼けをしないようにしてもらい、創部の後療法に従ってケアして頂いた結果です。もう3カ月ほど経過をみていく必要があります。

イボ(ウィル性イボ):M’sの新たなイボ治療法:光治療(ICON)

今回は、よく外来などでみかけるイボに関する画期的な治療法をご紹介したいと思います。

イボは、大きく分けて

①ウィルス性

②加齢性

に分けられます。外来などでは、ほぼ半々くらいの頻度です。①のウィルス性は若い人に多いですが、年配の方でも②の加齢によるものと思いきや、実は①だったということもあります。イボの原因としてウィルスによる感染でもあるため、放置しておけば増殖=大きくなるし、また拡散=多発することもあります。そして、外見上も皮膚のでっぱりがあればあまり良いと言えないので原則的には治療して取り除いた方が良いと思われます。

イボの種類


①ウィルス性

  • 尋常性疣贅(HPV:ヒトパピローマウィルス)
  • 足底疣贅/別名:ミルメシア
  • 青年性扁平疣贅
  • 尖圭コンジローマ
  • ボーエン(Bowen)様丘疹症

②老人性疣贅


イボの種類のなかでよく目にする①ウィルス性は、尋常性疣贅か、足底疣贅/ミルメシアです。

手の平や手の甲に出来る多くは尋常性疣贅で、足の裏にできるものは足底疣贅です。

 

イボが見たら、小さいうちに早めに治療したほうが良いでしょう。治療の第1選択となるゴールドスタンダードなものの代表は、日本問わず欧米(研修先の病院でもそうでした。)でも液体窒素による冷凍凝固療法です。当院M’sにおいても冷凍凝固療法が最初に行う治療です。液体窒素による冷凍凝固療法は保険適応となります。

冷凍凝固療法のメリットは、

  • 一回の治療が短時間
  • 保険適応などで安価

一方、デメリットは、

  • 一度取れることが少なく、複数回の治療が必要
  • 施術中痛みが伴う
  • 足底疣贅には治療効果が乏しい

です。

また、こういった意見もあります。

*いぼを専門とする研究者との研究会においても、液体窒素による冷凍凝固術を週1回、2ヶ月程度繰り返し、良くならない症例においては他の治療法に変更すべきであるとの意見が多数でした。

したがって、

M’sでは冷凍凝固療法を第1選択とはしますが、長期に長引くものや足底疣贅などには以下の治療法を組み合わせたり、保険は効かない治療(自費診療)ですが、短期間で終わら比較的楽に治療するものなどもご用意しております。

イボの治療


冷凍凝固療法

イボの第1選択になる治療です。

スピール膏

サリチル酸含有のシートをイボの部位に貼ります。サリチル酸という酸によって角質が溶けるので角質が厚い足の裏などにできたイボに効果的です。貼ってしばらくの間はそのままなので手間は少ないです。

高周波レーザー治療

手術療法と同じくらい確実性の高い治療法です。局所麻酔を行いレーザーの熱でウィルスを蒸散させてしまいます。

手術療法

治療に難治性のモノや顔などにできた場合で治療の跡などが気になるような部位にはメスで切除する方法です。


M’sの新たなイボ治療法:光治療(ICON)

ここから本題ですが、イボ治療は上記にまとめたように基本的には取り除くというのが主流であり、そこはこれからも変わりないと思います。

従来の方法は、直接イボに傷害を与えて取り除きます。

一方、M’sの新たなイボ治療法である:光治療器(ICON:アイコン)という機械を用いた方法は、戦国時代でいう兵糧攻め(ひょうろうぜめ)に似ています。ライフライン(食料、水、電気など)を断つことでジワジワとじり貧に追い込んで降参させるようなやり方です。イボに栄養される血流を遮断することでウィルスの増殖と活動を停止させて自滅に追いやるやり方です。

その原理を説明します。

下にある写真は実際のイボ=尋常性疣贅との病理組織標本です。

尋常性疣贅=ウィル性疣贅(HPV感染)は、表面が過角化となるのでザラツキを認め、皮膚が盛り上がっています。また、イボの下にはウィルスが増殖するために必要な栄養源を得るために毛細血管が拡張しています。

したがって、実際にイボを切除すると、↓

このように出血します。出血した部位の止血およびウィルスを死滅させるためにレーザーで焼灼を行います。このように綺麗にザラついたイボは取れ、1週間程度で上皮化といって新しい皮膚が再生するので傷を残さず治療することが出来ます。

↓ イボの切除した時のイメージ的にはこのような感じです。

そして、この毛細血管をターゲットにしたのがM’sの新しいイボ治療:光治療器です。

以前も、シミ、赤ら顔、毛細血管の拡張などメラニンとヘモグロビン(赤血球内にあります)に吸光するのが特徴であるICON(アイコン)MaxGという光治療器ですが、↓

通常は、美顔器として活躍しているものです。

そして、これを下の症例に用いると、

1ヶ月ごとの2回の治療で↓のようにイボはなくなりました。

このかたは20代 女性の方でした。従来のレーザー治療もやった経験がありました。レーザーでも治療は可能なのですが、テープを貼るなどダウンタイムを敬遠されていました。

今回ご紹介したM’sの新たなイボ治療法である:光治療器(ICON:アイコン)は、ダウンタイムがほぼありません。施術中の照射による刺激的な痛みは感じたようですが、施術後の痛みは続かず特に気にかけることがなかったと言うことです。そして、知らない間にイボが取れていたので『いつの間に!?』といった感じで驚かれていました。

M’sの新たなイボ治療法である:光治療器(ICON:アイコン)

料金-  手の甲(片手)1回の照射:10,000円(税抜き)

主な合併症、副作用-  照射時、施術後の痛み、赤み、水疱形成など

 

くぼみ目

くぼみ目

40代 男性

今回ご紹介するのは『くぼみ目』修正です。

目の上にくぼみが出来ます。これをくぼみ目と言います。

様々な原因に伴うくぼみ目ですが、多くは加齢に伴い

1.眼窩脂肪が萎縮する

2.眼瞼下垂に伴い眼窩脂肪の後退

のパターンで大きく二つに分けられます。

今回の症例の方は、上記の2.に伴うものだとご自分で思われて来院されました。

診察して目を拝見すると、著名なくぼみ目は認めるのですが、眼瞼下垂に伴うような黒目が見えなくなっている状況ではありませんでした。

眼瞼下垂によるものは、挙筋腱膜が伸びてしまったり、切れてしまっていることが多く、それに伴い上に存在する眼窩脂肪がそれに連れらて目の奥の方に後退してしまっています。眼瞼下垂症手術を行い、その後眼窩脂肪を適切な位置に戻すことでくぼみ目が修正されます。

一方、1.の眼窩脂肪が萎縮している場合では、これは家族性に伴うことが多く、両親なども同様な目の形をしていることがあります。今回の方もそうでした。

この場合、絶対量が少ないので補う必要があります。いくつかありますが、

1.脂肪移植

2. ヒアルロン酸

1の場合のメリットは生着したら一生ものですが、反対にデメリットではコストがかかるということと、移植する脂肪を別な場所から取って来る必要があるということです。

一方、ヒアルロン酸は簡便です。そして、ヒアルロン酸を↓のように注意しました。

目の下にクマがあるとの同様、目の上が逆にくぼんでいたら疲れたような印象を与えます。ヒアルロン酸の注入は低的簡便に行うことができます。

また、ヒアルロン酸は体内で分解・吸収されるので約6ヶ月で無くなりますが、目の上のヒアルロン酸は経験則ですがそれ以上、1年経過しても吸収されないことが多い印象があります。

 

施術名:ヒアルロン酸注入

合併症:アレルギー反応、出血、感染、形の不整、開瞼障害など

費用:65,000円(税別)

category