目の下(クマ、たるみ)|横浜市鶴見区のエムズ皮フ科形成外科クリニック

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

目の下(クマ・たるみ)

目元から変わるエイジングケア

目元は、顔を印象付ける最も重要なパーツです。
目の下のたるみ・クマは、若い人にも認められ、老け顔(実年齢よりも老けて見える)を演出してしまいます。また、目の下(クマ・たるみ)は、エイジング(老化)だけではなく、『疲れている?』などの印象を与えてしまいます。
適切な治療を行うことで、明るい、印象的な目元を手にいれることができます。


目の下のたるみ・クマ治療

目の下のたるみ・クマの大きな原因は、眼窩脂肪と呼ばれる脂肪組織の突出です。それに伴い、目輪筋や皮膚などの周囲組織が緩み、また、その他、頬脂肪体が下垂することで『下まぶた〜頬のライン』が一様ではなくなってしまうのです。

眼窩脂肪が出て、さらにその下の頬脂肪体が落ちることで、下まぶた〜頬にかけて、立体的な凹凸が生じてしまいます。これら一連の現象によってクマが強調されるのです。

下まぶたのたるみ取り

施術前は右の写真のように涙帯~頬にかけてのカーブが出クマ(黒くま)+透けクマ(青or赤クマ)によってカーブが乱れて凹凸が形成されていました。
施術後には涙帯(涙ぶくろ)がはっきりして、それより下の部分が軽い凸面を描きながら一つの面になっているのが分かります。
いわゆる”若さの象徴線”=Youthful Lineと呼ばれ、これが理想のカーブです。

お悩みから見る

  • 出クマ
    出クマ

    眼窩脂肪が突出(出る)することで下まぶたが膨らみ、その下に影が形成されて黒く見えるのが特徴です。

  • 透けクマ
    透けクマ

    下まぶたの皮フは、体の中で最も薄い皮フです。その皮フが生まれつき通常よりも薄い人や色白であると、皮フの下にある筋肉(眼輪筋)が透けてしまうため青or赤く透けて見えてしまいます。

  • 色クマ
    色クマ

    茶クマは紫外線や目をこするなどの炎症によって、メラニンが沈着した結果です。


治療法から見る

  • 脂肪除去
    ●

    高周波メスを用いて出血を起こさず、眼窩脂肪を取り除きます。

  • 脂肪注入
    ●

    通常太ももの内側より少量約10cc程度の脂肪を採取し、少量ずつ丁寧に脂肪を注入していきます

  • レーザー トーニング
    レーザートーニング

    非常に弱いパワーのレーザーを当て、余計な刺激を与えること無く、炎症で蓄積したメラニンを少しずつ減らしていきます。

  • フォトフェイシャルM22
    フォトフェイシャルM22

    6種類の光の波長を用いて照射することで、シミ、小じわ、たるみなど1台で様々な症状を改善します。

  • ウルトラセル
    ウルトラセル

    お肌の表皮・真皮・表情筋層にそれぞれ作用するレーザーが、小じわ・毛穴・くすみを目立たなくし、肌のたるみを引き締める効果をもたらします。

施術症例ページ

料金表ページ

目の下のクマに悩んでいるが、ご自分がどのタイプなのか、原因は何なのか、そしてどういう治療が合っているのかわからない…
そんな時はまずご来院ください。
院長がカウンセリングにてあなたのご希望を伺い、最適の施術をご提案いたします。

TEL:045-586-1112

ネット予約

045-586-1112

ネット予約

クリニック概要

医院名
エムズ皮フ科形成外科クリニック
院長名
三沢尚弘
住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-19
ソピアビルディング1F
TEL
045-586-1112(イイヒフ)
最寄駅
JR鶴見駅西口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~12:00 - -
14:00~19:00 - -