一般皮膚科|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
土曜診療

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

一般皮膚科

皆様の皮膚科「かかりつけ医」です

皮膚病は皮膚の病的変化であり、実にたくさんの種類があり、500種を軽く超えると言われます。
原因も非常に様々で、外的因子によるもの、内的因子によるもの、加齢からくるものなど、多種多様です。皮膚科治療においても、もちろん原因を把握することは大切なのですが、まだ原因のつかめていない疾患も、しばしば存在します。

そのため、決定的な治療法が無く、根気よくつき合っていく必要のある慢性疾患も少なくありません。しかし、スキンケアと軟膏などによる外用療法、内服療法等を個々のケースに応じて適切に行うことによって、より良い状態を保ち、こうした皮膚病と上手につき合うお手伝いをいたします。

地域にお住まい・お勤めの皆様の皮膚科「かかりつけ医」でありたいと考えておりますので、どんな皮膚のお悩みも、お気軽にご相談ください。

思わぬ内科的疾患が見つかるケース

「皮膚は内臓を映す鏡」という言葉を耳にしたことがおありかと思います。
皮膚は内臓を包み込んでいる袋のようなものですから、内臓・諸器官の発するサインがよく表れてきます。内臓をはじめとする体内の状態や血行の調子、ホルモンバランス、ストレスの有無などが複雑に絡み合って、皮膚症状として現れてくることが少なくないのです。

小さな皮膚病変を検査しているうちに、思わぬ内科的疾患が見つかるケースもありますので、皮膚の異常が見つかりましたら、早めに受診してください。

受診される方に多く見られる疾患

  • 湿疹
  • アトピー性皮膚炎
  • じんましん
  • にきび
  • 水虫(白癬)
  • 虫さされ
  • 巻き爪
  • ほくろ
  • イボ
  • やけど
  • けが(外傷) など

皮膚のことなら何でもご相談ください

上記のような皮膚疾患以外にも、日頃のスキンケアの悩みや乾燥、肌荒れなど、皮膚のことで少しでも気になることがありましたら、何でも遠慮無くご相談ください。

皮膚疾患の予防・治療

皮膚疾患の原因には、様々なものが挙げられますが、特に日常生活の過ごし方が大きな影響を与えています。脂っこいものや甘いものを食べ過ぎたり、睡眠不足やストレスフルな生活を送ったりしていると、皮膚トラブルを招きやすくなります。

バランスのとれた食生活をし、夜更かしを避けて十分な睡眠をとり、適度な運動を心がけましょう。ストレスを溜め込まないように、気分転換を図ることも大切です。また、紫外線を過剰に浴び過ぎることも皮膚ダメージにつながりますから、日傘や帽子を利用して、日焼け対策を講じることも肝心です。

こうした一見あたり前のような健康的な生活を送ることが、皮膚疾患の予防、および治療に、とても良い影響を与えるのです。

ご受診にあたって

  • 初診、および月初めの受診の際は、必ず健康保険証(コピー不可)をお持ちください。
  • 転職などにより、ご加入になっている健康保険が変わった際は、新しい健康保険証をご提示ください。
  • 住所や電話番号など、健康保険証の内容に変更が入った場合は、受付にお知らせください。
  • 受給者証(老人・乳児・身障医療等)をお持ちの方は、健康保険証と一緒にお出しください。
  • 再診以降、診察券は受診の都度、ご持参ください。
  • 他の医療機関で薬を処方されている場合は、お薬手帳かその薬自体をご持参ください。
  • 妊娠中、および妊娠の可能性がある方は、必ずお申し出ください。
  • 受診の際は、できるだけ上下に分かれた服装でお越しください(ワンピースやボディスーツですと、診療の妨げになる場合があります)。
  • 当院は、個人情報の取り扱いには、細心の注意を払っておりますので、安心してご受診ください。

主な症状

湿疹、蕁麻疹

湿疹は、皮膚科を受診される患者様に、とても多く見られる症状です。
ブツブツや小さな水ぶくれ、赤みなどが混ざって現れ、痒みも伴いがちです。

湿疹、蕁麻疹について

水虫、たこ、うおのめ

地球上にはカビ(真菌)がたくさん存在しており、私たち人間と共存しています。
納豆菌や乳酸菌といった生活に役立つものばかりでなく、人間に病気を起こすカビもいます。水虫菌もその一つで、正式には白癬菌(はくせんきん)と呼ばれます。

水虫、たこ、うおのめについて

接触皮膚炎、イボ

皮膚に直接触れたものが原因となって生じる炎症や湿疹を、接触皮膚炎(かぶれ)と言います。原因となる外的刺激が特定されていない場合に、こう呼ばれます。

接触皮膚炎、イボについて

ヘルペス、アトピー性皮膚炎

単純ヘルペスウイルスの感染で起こり、顔にできる1型と外陰部や臀部などの下半身にできる2型ウイルスの2種類があり、初感染で口内や外陰部に発疹が生じたときは高熱と激痛が伴います。

ヘルペス、アトピー性皮膚炎について

帯状疱疹、脂漏性皮膚炎

水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって発症するため、水痘を経験した人にのみ、起こります。

帯状疱疹、脂漏性皮膚炎について

クリニック概要

医院名
エムズ皮フ科形成外科クリニック
院長名
三沢尚弘
住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-19
ソピアビルディング1F
TEL
045-586-1112(イイヒフ)
最寄駅
JR鶴見駅西口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~12:00 - -
14:00~19:00 - -