陥没乳頭|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
土曜診療

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

陥没乳頭

陥没乳頭

陥没乳頭とは、乳頭が突出しておらず、乳輪より奥に引き込まれていて凹んでいる状態です。美容上の問題になるほか、乳腺炎といって、乳腺が炎症を起こして乳房が赤く腫れ、強い痛みを伴う疾患にかかりやすくなります。

さらに、陥没した乳頭が妊娠しても突出してこないような場合は、授乳できずに、母親は乳房が腫って痛み、乳児は乳頭をくわえられなくなり、母子両者にとって不都合です。したがって、持続的吸引を用いた保存的治療で治らない陥没乳頭の場合は、手術により健常な状態に戻す必要性が生じてきます。

乳頭陥没の治療にあたっては、陥没している乳頭を突出させて見た目を良くして再度陥没しないようにすることと、授乳が可能なように授乳機能を温存することが大切です。治療の術式は、症状の程度によってそれぞれ異なってきます。

クリニック概要

医院名
エムズ皮フ科形成外科クリニック
院長名
三沢尚弘
住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-19
ソピアビルディング1F
TEL
045-586-1112(イイヒフ)
最寄駅
JR鶴見駅西口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~12:00 - -
14:00~19:00 - -