皮膚のできもの (粉瘤、脂肪腫)|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
土曜診療

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

皮膚のできもの (ホクロ、粉瘤、脂肪腫)

皮膚のできもの

『皮フのできもの』は、腫瘍の可能性があります。
腫瘍には、良性から悪性のものまで非常にたくさんの種類があり、摘出するまで診断がつかないことも少なくありません。ただ、概して悪性の場合は大きくなるスピードが速いことが多く、また硬いことが多いと言えるでしょう。気になるほくろなどのできものが見つかったら、早めに皮膚科や形成外科を受診しましょう。

ほくろ

ほくろは、正式には色素性母斑と言い、皮膚の一部にメラノサイトという色素細胞が集まったものです。
ほくろは皮膚悪性腫瘍、特に悪性黒色腫との鑑別が大切です。悪性黒色腫はリンパ節に転移しやすく、進行の速いことが多いため、怖れられています。
短期間で急に大きくなったり、色が濃くなったり、色素がまわりの皮膚に染み出してきたり、硬化してきたような場合は、注意が必要です。

詳しくはこちら

粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)はアテロームとも言い、皮膚の皮が毛穴の奥で袋を作ってしまい、中に老廃物や皮脂が溜まった半球状の腫瘍で、中央部には黒点状の開口部があります。強く圧迫すると、開口部から臭くてドロドロした内容物が排泄されるケースがあります。

耳のまわり、耳たぶ、鼠径部(そけいぶ)、背中などによくできますが、毛穴がある場所なら、どこに生じてもおかしくありません。
いつの間にかできて、自然に小さくなることもありますが、少しずつ大きくなって目立ってくるケースもあります。また、ある時、突然赤くなって腫れ、痛みが出て粉瘤のまわりに急に化膿や炎症を起こすケースもあります。炎症を起こして、はじめて粉瘤に気づいたりもします。

粉瘤の治療法

粉瘤は袋をともなう皮フのできものです。袋がある限り再発を繰り返すこともあり、また時間経過とともに大きくなったり、場合によっては感染による炎症を引き起こすことが多く見られます。したがって、小さい状態のときに手術で袋ごと取り除いてあげる必要があります。早めの治療をお勧めします。

万一、炎症が起きた場合には、まず炎症を抑える治療を行います。抗生剤・消炎剤の内服を行いますが、炎症が酷く膿が溜まっている場合は、局所麻酔をして切開し膿を出します。切開排膿後は、中から膿が出なくなるまで、局所の消毒洗浄を続けます。

炎症が治まってくれば、そのまま小さくなるまで様子(瘢痕化するまで)を見ます。しかし、袋が残存している場合や袋と中を交通する出入り口が存在する場合などは、やはり局所麻酔下に粉瘤を袋ごと取り出す手術が必要となります。)

粉瘤の治療法

詳しくはこちら

脂肪腫

脂肪腫とはその名の通り、脂肪の一部が腫瘍のように増殖したものを言います。皮膚の下に軟らかい固まりとして触れることができます。大きさは、いろいろです。

この脂肪腫は5cm前後のことが多いのですが、中には10~20cmのものも見られます。ここまで大きい脂肪腫の場合は、その一部が悪性化している可能性があり、要注意です。画像検査などで、脂肪腫の状態を調べておくことが必要になります。
治療としては、摘出することになりますが、小さいものなら局所麻酔下での手術が可能です。

詳しくはこちら

クリニック概要

医院名
エムズ皮フ科形成外科クリニック
院長名
三沢尚弘
住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-19
ソピアビルディング1F
TEL
045-586-1112(イイヒフ)
最寄駅
JR鶴見駅西口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~12:00 - -
14:00~19:00 - -