ほくろ、イボ|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
土曜診療

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

ほくろ、イボ

ほくろ・イボ

お顔にあるイボやホクロは、表情が暗く見えたり、実年齢よりも老けて見えてしまいます。また、美肌を求める(M’s美肌コンセプト 詳しくはこちらをご覧ください。)方にとっては顔のワンポイント(チャームポイント)になるもの以外は必要でないのかもしれません。イボやホクロは意外なほど簡単にとりのぞけることが多いものです。取り除くことによってお顔が明るい印象に変わります。M’sのホクロ治療コンセプトで、すっきりとした肌を手に入れてください。

M’sホクロ治療

M’sでのホクロ治療は、基本的には大きさやホクロのできている部位などで方法を変えています。
通常3mm以下のホクロの場合、RF(高周波ラジオ波メス)を用いて行います。

RFの説明

一般的な電気メスは400KHz前後の周波数帯を用いるElectrosurgeryです。一方、4.0MHzの高周波を採用しているRFメスであるサージトロンはRadiosurgeryの領域となり、電波的な性質を強く持つことから電波メスとも呼ばれます。この高い周波数により組織細胞中の水分子へ高密度に作用することで、侵襲を抑えた微細な切開・凝固を可能にします。

ホクロは、ホクロ細胞(医学用語では母斑細胞)が集まってできています。
通常、目で見える表面のものを『ホクロ』と呼んでいますが、下記の図のように(↓)皮フの表面だけではなく、皮フの下(=真皮)深くまで存在するものです。

したがって、ホクロと取るときは①のように表面だけではなく、真皮まであるホクロを全て除去することが重要です。ですが、②のように表面だけで真皮内にホクロ細胞が残った場合には将来的に再発(元の状態)の原因となってしまいますし、一方で、それがないように③のように深くまで除去すると、ホクロは取れたけどキズあとがいつまでも赤い状態が続いたり、凹んだりしてしまいます。
M’sではそのようなことが起こらないよう、これまで多くの症例経験をもとに細心の注意を払い、施術中は手術用拡大鏡(サージテル;下記)を用いて丁寧に行いますのでご安心下さい。

診療の流れ

1. カウンセリング
医師とのカウンセリングによって取りたいホクロの数や場所を決定し、施術を受ける際の注意点や施術後の経過を説明します。
2. 施術
カウンセリングでご提示した治療内容で施術を行います。
施術時間はおよそ5分~10分です。
その後、必要に応じてアフターケアを行います。

ホクロ症例

ホクロ症例
before
ホクロ症例
after
ホクロ症例
before
ホクロ症例
after
ホクロ症例
before
ホクロ症例
after
ホクロ症例
before
ホクロ症例
after
ホクロ症例
before
ホクロ症例
after
ホクロ症例
before
ホクロ症例
after
ホクロ症例
before
ホクロ症例
after

料金表

ホクロ・いぼ

手術には下記の料金以外にお薬代2,000円がかかります。
半年以内再発半額

ホクロ・いぼ
ホクロ・いぼ(3mm以下)1個 3,000
ホクロ・いぼ(3mm以下)5個 14,000
ホクロ・いぼ(3mm以下)10個 27,000
ホクロ(切除)1個 30,000
ホクロ(皮弁)1個 60,000

shodakusho.pdf

※プリントアウトができない方は、手書きのものをお持ちください

クリニック概要

医院名
エムズ皮フ科形成外科クリニック
院長名
三沢尚弘
住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-19
ソピアビルディング1F
TEL
045-586-1112(イイヒフ)
最寄駅
JR鶴見駅西口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~12:00 - -
14:00~19:00 - -