眼瞼下垂症手術|横浜市鶴見区のエムズ皮フ科形成外科クリニック|川崎市 瞼が落ちる

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

眼瞼下垂症手術

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、上まぶたが下垂しているために、上まぶたが開けづらくなる状態です。生まれつきまぶたを開く力が弱い方がおり、この場合を先天性眼瞼下垂と言います。生まれた時は正常でも、加齢によるまぶたの皮膚のたるみほか、様々な原因で眼瞼下垂になることがあり、この場合を後天性眼瞼下垂と言います。ものが見にくく、まぶたが下がっているために肩こりや頭痛が強い方では、保険を使った手術治療が受けられます。

手術では、まぶたを挙上する処置を行います(症状や下垂の程度により手術法は変わってきます)。
眼瞼下垂の手術を受けると目が開きやすくなり、物が見やすくなって、疲労しにくくなります。眼瞼下垂ですと、まぶたが下がっているため、どうしてもおでこに力を入れ、眉を上げて物を見るようになります。そのため眼瞼下垂がある方は肩こりになりやすいのですが、この手術で肩こりが治る方がたくさんおられます。また、形成外科で眼瞼下垂の手術を受けると、見た目もきれいな二重にすることが可能です。

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂症は、簡単に言えばまぶたが落ちる(下垂する)病気です。

眼瞼下垂とは

目は、「見る」という感覚器としてだけではなく、外見=見た目という両方の機能を併せ持つ重要な役割があります。眼瞼下垂症では上記に認められる外見の変化だけではなく、視野が狭くなり物が見づらくなってくるため、眼精疲労による頭痛、肩こり、重度の場合はうつ症状など日常生活に支障が来す恐れがあります。
形成外科では手術によってまぶたの機能を回復させるだけではなく、整容的なことにも配慮して行います。是非、形成外科専門医にご相談下さい。

眼瞼下垂の重症度

眼瞼下垂の重症度

眼瞼下垂の重症度

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂の原因

原因としては、様々ですが、主には

  1. 生まれつき(先天性)
  2. ケガ(外傷)
  3. 老化(加齢性変化)
  4. コンタクトレンズ(とくにハードレンズ)
  5. 過去に二重手術の経験がある

など、が挙げられます。
また、片方(片側性)だけの場合もありますが、両方(両側性)の場合もあります。

まぶたの構造

まぶたの構造

正常なまぶたは図のようになります。
まぶたを挙げる筋肉=眼瞼挙筋(がんけんきょきん)、ミューラー筋
まぶたの先端にある軟骨組織=瞼板(けんばん)、
瞼板と眼瞼挙筋をつなぐ=挙筋腱膜(きょきんけんまく)
といいます。

まぶたが挙がる仕組み

眼瞼挙筋に力をいれることで筋肉が収縮し挙筋腱膜を介してまぶたの先端にある軟骨組織である瞼板が持ち上がります。
この一連の動作によって我々はまぶたを開けたり、閉じたりすることができるのです。

眼瞼下垂の症状は?

人は、光が瞳孔(黒目)の中に入ることで物を見ることができます。
眼瞼下垂症では下垂したまぶたによって、その瞳孔が覆われてしまい物が見づらくなります。
眼瞼下垂症の症状は、このように物の見づらさといった視野障害が主なものですが、その他にも関係する目の症状として、ドライアイや流涙(涙がこぼれる)といった症状を認める場合もあります。
また、一方でまぶたが下がると『疲れている』、『眠たそう』といった顔貌(見た目)を呈するようになるので、”見た目という機能”としても自信の喪失や生きがいといった点でマイナスの影響を及ぼします。

眼瞼下垂の症状は?
眼瞼下垂の症状は?

眼瞼下垂のメカニズム

まず、まぶたを挙げる筋肉には、眼瞼挙筋(眼瞼挙筋)、ミューラー筋、の2種類があります。
そして、これら筋肉とまぶたの先端にある瞼板をつなぐ役割が挙筋腱膜という組織です。
眼瞼下垂症の多くでは、挙筋腱膜が伸びてしまったり、切れてしまっているために眼瞼挙筋にいくら力をれいても(まぶたを挙げようとしても)先端である瞼板まで力が伝わらず、結果的にまぶたがあがりません。
通常、人が物をみるためには意識的にまぶたを挙げた状態にする必要があります。そのときに使う筋肉が眼瞼挙筋です。
一方で、眼瞼挙筋の下に位置するミューラー筋は、自らの意思でコントロールできない筋肉です。このミューラー筋は自律神経(交感神経)によって調節されています。つまり、その人が置かれた状況や必要に応じて筋肉が働きます。例えば、身の危険が感じたときには、体内では緊急事態であると感じて交感神経が興奮します。そういった状況では、身の安全を確保するためにより多くの情報を視覚的に取り入れる必要があります。そのため、まぶたを大きく開けて視野を広げようとするのですが、その時に活躍する筋肉がミューラー筋なのです。
実は、眼瞼下垂症では腱膜が伸びてしまったり、切れてしまっています。眼瞼挙筋がいくら収縮してもまぶたが上がらないので、なんとかしようと代わりに活躍してくれるのが先ほどのミューラー筋です。ですが、このミューラー筋が興奮しても、腱膜に異常があればまぶたは挙がらないのは当然です。しかしも、この異常な興奮によって余計な負荷が全身がかかり頭痛や肩こり、イライラなど交感神経の興奮による弊害が起こるのです。ですから、頭痛や肩こりの慢性的な症状が実は眼瞼下垂によるものだったというケースは多くの方で見られます。

詳しくはこちら

クリニック概要

医院名
エムズ皮フ科形成外科クリニック
院長名
三沢尚弘
住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-19
ソピアビルディング1F
TEL
045-586-1112(イイヒフ)
最寄駅
JR鶴見駅西口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~12:00 - -
14:00~19:00 - -