逆さマツゲ手術|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
土曜診療

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

逆さマツゲ手術

逆さまつ毛

逆さまつ毛には、睫毛乱生(しょうもうらんせい)と眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)の二種類があります。
睫毛乱生は睫毛の並び方が不揃いで、睫毛の一部が角膜(黒目)に触れて刺激し、痛みや痒み、異物感などを生じさせます。

眼瞼内反症はまぶたの縁が目の内側に曲がり、睫毛が角膜に触れて黒目を刺激し、痛みや視力低下を生じさせます。
睫毛乱生の治療では、少数なら毛根を電気分解し、多ければ手術によってまつ毛を外に向けます。

眼瞼内反症の治療については、乳幼児の場合(先天性)は成長とともに自然と治ることが多いのですが、症状が重い場合には手術が必要です。また、皮膚のたるみや筋力の低下など、加齢によるもの(老人性)には手術を要します。

手術法には、まぶたの中に糸を縫い込む「埋没法」、皮膚と皮下組織を切開して瞼板(まぶたの先端にある板状の組織)に縫い付ける「切開法」、加齢による眼瞼内反には「眼輪筋短縮法」などがあり、患者さんの症状によって治療法はそれぞれ変わってきます。

睫毛内反症(逆さまつげ:上まぶた)症例

睫毛内反症(逆さまつげ:上まぶた)症例
before
睫毛内反症(逆さまつげ:上まぶた)症例
after

30代 男性

睫毛内反症(逆さまつげ:下まぶた)症例

睫毛内反症(逆さまつげ:下まぶた)症例
before
睫毛内反症(逆さまつげ:下まぶた)症例
after

30代 女性

クリニック概要

医院名
エムズ皮フ科形成外科クリニック
院長名
三沢尚弘
住所
〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町8-19
ソピアビルディング1F
TEL
045-586-1112(イイヒフ)
最寄駅
JR鶴見駅西口より徒歩1分
診療時間
  日・祝
10:00~12:00 - -
14:00~19:00 - -