BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

眼瞼下垂症手術 挙筋前転法 v.s.ミューラー筋タッキング法

M’sには、まぶた(上・下含めて)でお悩みの方々;

初めてご相談に来られれる方、また一度他院で受けれられた方(修正)も含めて

多くの方にご利用いただいております。

 

今回は、その中でも『眼瞼下垂症』に関する治療法についてご説明したいと思います。

以前に眼瞼下垂症の原因についてお話しました。

今回はその治療法です。

『眼瞼下垂症』の治療法は全てにおいて手術療法です。

*なぜ手術療法しかないのか?に関しては後日ご説明したいと思います。

眼瞼下垂症手術には、大きく分けて保険診療による治療法と自費診療による治療法の二つになります。

M’sでは下記のようになっております↓

【保険診療】 【自費診療】
①挙筋前転法 ①切らない眼瞼下垂症手術(埋没式)
②筋膜移植法 ②切らない眼瞼下垂症手術(切開式)
③その他のもの

*1. 切らない」とは皮フを切らないということを指します。

*2. 保険診療:保険疾病と認められたものに適応されます。保険疾病である眼瞼下垂症の診断にはまぶたから瞳孔までの距離=MRD、前頭筋による代償性、頭痛・肩こりなどの症状など、その他のことをを含め総合的に判断されます。

M’sでは保険診療で行う場合、保険診療ガイドラインに沿った手法である上記の①挙筋前転法を行なっています。必要に応じて②、③を使い分けることはありますが、主たるものは①となります。保険診療で行う場合は全てにおいて皮膚を切開してアプローチを行うため、多かれ少なかれはありますが術後の内出血や腫れなどは認めます。

*M’sでは最新の注意を図りながら高周波電気メスを使用するため、術後のダウンタイム(内出血、腫れなど)はハサミやメスなどを用いる場合(過去にはそうでした。)と比較して明らかに少ないです。しかし、ゼロではありません。

そこで、M’sではダウンタイムが困るかた、顔貌(目の形)などの大きな変化などを求めない方に『切らない眼瞼下垂』をご用意しております。まぶたの裏側よりアプローチをするため皮膚を切開しません。ですから、ほぼ出血や術後の腫れなどは来すことは稀であり、翌日より日常生活に制限や支障なく過ごせる方がほとんどです。

以上を『挙筋前転』『切らない眼瞼下垂』の長所・短所をまとめますと下記のようになります。

挙筋前転法 切らない眼瞼下垂
ダウンタイム あり ほぼ認めない
顔貌の変化 ある(一重の方は二重になる) 眼瞼下垂症状の前に戻る
二重の幅の調整 できる 単独ではできない
余った皮膚の調整 できる 単独ではできない

 

いずれの手術法も最大なる目的は一つで、『挙筋前転』も『切らない眼瞼下垂』もどちらも目指すこと(目的)は下垂症状(まぶたの下り)を改善することです!

そして、手術法においてメリット・デメリットなど色々ありますが、M’sではその方の症状やライフスタイルの要望に応じてご相談の上決めていきます。

 

次に『挙筋前転』と『切らない眼瞼下垂(切開式)』の施術中の写真や施術前後の比較をご提示します。

*次回、『切らない眼瞼下垂(埋没式)』をご提示したいと思います。

施術中の状況で、眼瞼挙筋、眼瞼挙筋腱膜、ミューラー筋を実際にお示しします↓

挙筋前転法というのは、挙筋腱膜をミューラー筋(挙筋の下側に位置するもう一つの筋肉である)の間を剥離して腱膜を前転=引き出して正しい位置に固定する手術法です。

*形成外科医では、眼瞼下垂症手術をされる先生方の大方はおそらくこの挙筋前転法という手法を取られるかと思います。。。

一方、『切らない眼瞼下垂』ではミューラー筋を含めた挙筋腱膜を正しい位置に固定する方法です。

*先日あった美容外科学会(in 札幌)において、ライブサージャリー(学会上で実際の手術を実演する)やその他の演題で発表される先生方で挙筋前転法を行わないで、好んでミューラー筋をタッキングと言ってミューラー筋を縫い縮める手法を選ばれる先生方もいらっしゃいます。

挙筋前転法 or ミューラータッキング法・・・

どちらが良いのか?これに関する答えはまだ出ておりません。

 

次に、

挙筋前転法で行ったケースです↓

  皮膚切除をするようにデザインして行いました。

   術後1ヶ月後の状態です。目を開いた状態→閉じた時→視線を下に投じた時、の流れですが術後瘢痕と呼ばれる切開線はシワのようであり、下を見た時の二重の食い込みはほぼ認めません。自然な二重の形態です。

 

次に『切らない眼瞼下垂(切開式)』です。

眉毛の位置、おでこのシワ、眉毛の形、二重幅などが施術後に改善されているのがお分かりかと思います。自然な二重幅の形態=元々の二重幅に戻った状態です。黒目の大きさもほぼ同じで下垂症状は改善されました。働かれている方なのですが、次の日からお仕事ができたということです。

 

眼瞼下垂症の

手術合併症


出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔によるアレルギー、再発、ドライアイ、一過性の視力低下、顔貌の変化、二重の左右差、上まぶたの皮膚知覚障害など

 

眼瞼下垂症の

料金


粉瘤手術にかかる自己負担金

眼瞼下垂症手術(挙筋前転法):片側  約 ¥22,500円

眼瞼下垂症手術(挙筋前転法):両側  約 ¥45,000円

 

切らない眼瞼下垂手術(自費診療)
切らない眼瞼下垂(埋没式):片側 100,000
切らない眼瞼下垂(埋没式):両眼 150,000
切らない眼瞼下垂(切開式):片側 200,000
切らない眼瞼下垂(切開式):両眼 300,000

 

 

 

 

category