BLOG|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック
美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

中〜下顔面治療:目の下のクマ治療、ミントリフト

本日、ご紹介するのは『目の下のクマ治療』に関してです。

そして、今回はミントリフトを併用して行ったということで今までご紹介していなかったので報告します。

基本、目の下のクマ治療には、

①脱脂術(皮フを切らないで目の下に飛び出た部分の脂肪:膨らみを取り除く方法)

②脂肪注入

③ ①+②のコンビ:脱脂+脂肪注入

④ヒアルロン酸注入

などがあります。

*その他、M’s(エムズ)では非侵襲的(針やメスを用いない方法)であるウルトラセルや最近導入したフラクショナルレーザー などもありますが・・・

今回は治療回数が少なく最も効果的な方法である手術治療の『目の下のクマ治療』である上の①〜③に補足するような内容となります。

まず、下の写真をご覧ください。

顔は上・中・下の3つのパーツに分けられます。これらを無視したやり方で治療を行いますと、目だけが異常に目立ったり、唇だけがという風になってしまいます。調和とバランスをよりよくすることで自然な若返りを求めることができるのでこれらを考えずに行うことはあまり良いことだと思いません。

*その中でも中顔面の目元は特に重要な部分を占めていると考えています

ということでを踏まえてこの方のお顔を改めて観察すると、

上顔面のエイジングは進んでおらず目立った印象はありません。

ですが、一方で目の下のクマ〜下顔面にあるマリオネットラインやゴルゴラインなどが目立ちます。

目の下のクマから頬にかけて、タルミとしての症状をこの場合認めます。

そして、当然目の下に関しては、上記の①+②=脱脂+脂肪注入を行いました。

↓結果です。

目元が明るくなりました!

目元の『目の下』に注目するとクマは改善されております。

ですが・・・、

何かまだクマが改善されていないような気がします。

そこで注目して頂きたいのが↓です。

上の写真で黄色の点線で囲った部位=頬脂肪体と言います。

実は、目の下のクマというのはM’sのホームページ(詳細は、http://ms-clinic.yokohama/circles.html)にもあるように、目元の眼窩脂肪〜頬脂肪体までの一連の“理想のカーブ”というものが乱れているために起こっています。そして、それを比較的ダウンタイムが少ない治療で行えるのが①脱脂もしくは②脂肪注入、もしくは③:①+②のコンビネーションです。ほとんどのケースがそれらで改善を見込めるのですが・・・、

今回のように頬脂肪体が下垂(タルミ)のあるケースだと、

目元だけを注目したら改善はしているのですが、

中顔面〜下顔面に置けるハーモニー(調和)を考慮すると、どうしても①、②、③では不足するのです。

そこで、今回併用したのがミントリフトです。

↓詳しくは、

スレッドリフト:ミントリフト

そのミントリフトを使用した後の結果がこちらです。↓

 

以前よりも強度と引き上げ効果を考えるとロング4本(片側)に行ったほうが結果は良いです。

 

目の下のクマ治療(中〜下顔面治療)の結果です↓。

いかがでしょうか?

自然な結果で、ダウンタイムも少なく、日常生活にほぼ支障も来さなかったということで大変ご満足頂いております。

 

脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)の

手術合併症


だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱、目がゴロゴロする、左右差があると感じる、違和感を感じる、目の上、目の下のくぼみなど

 

脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)の

料金


価格:¥450,000(税別)

 

ミントリフト

料金


1本 価格:¥40,000(税別)

category