エムズダイアリー|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック 美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

二重幅の調整 

今回ご紹介する内容は、『二重幅の調整』に関することです。

そもそも、二重とは下図のように上から垂れてきた皮フがある高さで折れかえって形作るものです。

以前からご説明しているようにまつ毛の上にできる二重幅は<3mm以下が良いです。それ以上で黒目とバランスにもよりますが、アジア人には不向きであるとされています。

二重を形成する際、二重の固定位置→別名:重瞼線(じゅうけんせん)と言いますが、

重瞼線を設定する必要があります。

そして、そこを固定元として覆いかぶさる皮膚の量だったり、見えている黒目の幅だったり、眉毛の位置だったりと、それら変数となるものを調整しながらバランス良い二重幅が完成するのです。

また、左右差がないように努めてバランスを整える必要があるのです。

例えば、

①のように見かけの二重幅が2mmだとします。

そして、3mm幅に変更したいとします。

②と③はその変更する2通りの方法です。

②では①に比べて重瞼線をあげて設定することで皮膚を切除することなく3mm幅に調整し、

一方で、③は①と同じ重瞼線でそこに被ってくる皮膚を切除して3mm幅に調整します。

これは、希望される方の目の状態(先ほども出たように)

①元来の二重幅

②眉毛の位置

③黒目の幅

④皮膚の多さ

そして、

⑤希望する二重の幅

などによって変わってくるので、画一的な方法ないので個々人によって違います。

ですから、二重形成は全てオートクチュールなのです。

 

高齢の方で二重幅を調整する際は、加齢による皮膚の多さと、多かれ少なかれ眼瞼下垂症状があるので下垂症状が改善されて、どの程度目の開きが出るのか?、眉毛の位置がどの程度下降するのか?などを想定しながら施術に臨む必要があります。

見かけの二重幅は2mmです。

非常に結果に満足されております。

ボトックス しわ

今回は、シワ治療のお話です。

ボトックス注射!

*アメリカアラガン社製のボツリヌス菌毒素のことを『ボトックス』というのですが、今となってはボツリヌス菌毒素注射=ボトックスのイメージが強いので簡便的にボトックスとします。

一度は耳にしたことがあるかもしれません。。。シワ治療の代表的な施術法です。

正式名称は、ボツリヌス菌毒素注射薬のことです。

ボツリヌス菌は細菌です。その菌から産出され外毒素が生体内の神経筋接合部に作用し神経伝達を障害します。神経伝達が障害されると神経・筋麻痺がおこります。

ボツリヌス菌毒素を医療に導入したのは1970年代です。まずは、眼瞼痙攣、斜頸といった異常な筋収縮や筋運動をする病気に対して行われていました。

そして、90年代に入りアンチエイジング/シワ治療目的に利用されることになりました。歴史的には半世紀経つので安心して使用することができる治療法の一つと言えるでしょう。

 

次に、顔のシワ治療でどのように使用しているかということを説明します。

顔には表情筋と言われる筋肉があります。

目を閉じたり、眉を上げたりする筋肉です。シワは基本的には筋繊維に直交する方向に発生します。上図でいうと青線がシワを表します。

これは、非手術における美容施術2015年の統計です。

やはり、No. 1はボトックス注射です。No.2のヒアルロン酸注入などにくらべて2倍以上の需要があります。そして、ボトックス注射は増加傾向であるということです。

理由としては、ボトックス注射は手軽にノーダウンタイム(出血なし、腫れなし)でしかも即効性のある施術だからです。

ですが・・・、

注射の打ち方には要注意です!

深さ、量、打つ場所を間違えると、合併症であるフローズンフェイス(凍った顔)だったり、スポックアイブロー(眉毛が上がってしまう)のようなことが起こってしまいます。。。

40代 女性です。このようにおでこ・眉間にシワがあります。

↑眉間とおでこにボトックスを打つ部位です。

おでこを上げた時ですが、ほとんどシワは寄りません。

眉間のシワはほとんど寄らないです。

この『ツルん』とした感じがいいですねー

 

 

 

目元のアンチエイジング:眼瞼下垂+眉下皮膚切除

70代 女性

目元のアンチエイジング

高齢者:65歳以上の方においては腱膜性眼瞼下垂という病態が隠れています。

一見、眼瞼下垂症という状態(=黒目の半分が上まぶたに覆われた状態)がなくても、前回のケースで説明したように、眉毛の上を指で固定すると上まぶただけの力では目を開けない状態を高齢の方のほとんどといってよいほど認めます。おでこの筋肉使ったり、眉毛を上げて見ることができる=代償している(出来ているので)ので、眼瞼下垂の症状である肩こり、頭痛など認められないかもしれません・・・

が、解剖学的には退行性変化(老化)が認められております。

↓今回ご紹介する方もその状態でした。

      

何もしない状態では黒目はほぼ見えております。でも、おでこにはシワがあり、眉毛の上を指で押さえるとMRD0mmでした。

今回のケースは、目元のアンチエイジング、言いかえれば上眼瞼形成術です。

上眼瞼形成には、①まぶたを上げる機能改善手術+②整容的改善手術の両方を目的としていますので

まずは、

①まぶたを上げる機能改善手術=眼瞼下垂症手術を瞼縁切開(けんえんせっかい;睫毛の上を皮膚切開行う)

ですが、

注意しなければならないのは

1. 高齢者であること、

2. 外側の皮膚が余っている

3. 皮膚が厚いということでした。

というわけで、

まず、どこで皮膚切開線を設定して皮膚切除をどの程度必要なのか?という細かなデザインが重要です。

そこで、↓

高齢者の場合の重瞼線の固定位置は通常とは違うので、

(*高齢の方で、『二重の幅を広く!』『パッチリ!』にしていう方はほぼ皆無です。)

見かけの重瞼幅(=二重幅)を3mm以内にするように施術前のシミュレーションでこのように行います。

 

①まぶたを上げる機能改善手術1ヶ月後の状態です。

二重=重瞼固定線はしっかりとできているのですが、皮膚が多いため被ってしまって『見かけの二重の幅』が狭く、特に右の外側ではほぼ見えません。

 

瞼縁切開(まつげの上を切開する方法)では、極力皮膚を多く取ることは控えなければいけません。特に今回の方のような分厚い皮膚の場合は、、、

まつげの上で皮膚を多く取ると分厚い二重まぶたになってしまいます(正確には、この方の場合は実際取っていないのでなんとも言えませんが、裏を返せば、皮膚を取り過ぎてしまってからではその後の修復は不可能です。)。不自然な二重になってしまいます。ですから、取ってからでは遅いので、一か八かのチャレンジよりは確実な方法を選択するというのがM’sのコンセプトです。

瞼縁切開で眼瞼下垂症手術をきちんと行なった症例で、

②整容的改善手術=二重の幅の調整

を行う場合は、

眉下皮膚切除を行うことでこのような結果が得ることができます。

眉下切開を行った直後と1ヶ月後の状態です。

傷跡はほぼ分からない状態です。

2段階のステップを踏む施術です。結果を出すのに時間を要しますが、賭けをするような施術ではなく確実な方法で良い結果を得るというのが重要だと考えております。

 

 

口元アンチエイジング〜ヒアルロン酸注入〜

 

先日ご紹介した 60代 女性 口元アンチエイジング

施術名:ヒアルロン酸注入

その後、別な件でM’sにご訪問頂けました。

ふっくらとした唇、非常に気に入って頂けているようです。やはり、化粧をさせることによってより一層みずみずしい保水力のある唇になったということがお分かりかと思います。

詳しくは、

以前の記事である

→https://ms-clinic.yokohama/blog/case/5005/

こちらをご覧ください。

目元アンチエイジング

50代 女性

目元のアンチエイジングです。

施術:上まぶたのたるみ除去

ですが・・・、

通常の『たるみ』だけで皮膚だけ取れば良いのか?というと、決してそうではなく、、この方の的確な診断が必要です。

正面から見ると、瞳孔への反射光−上まぶたの縁までの距離=MRD(marginal reflex distance)は正常です。黒目もほぼ見えています。

ですが、

①二重のラインの乱れ

②くぼみ目

③眉毛挙上(眉毛と睫毛の間の距離がある)

これを3つ併せ持つものは?

そう〜、、、

眼瞼下垂です。。。

この方は、おでこ(前頭筋)の筋肉を使って代償(カバーして)しまぶたをあげるようにしていたのです。ですから、おでこの筋肉を使わないように指でブロックし、純粋に眼瞼挙筋のみでどの程度上まぶたが持ち上がるのか?というテストを行うと、MRDは1mm

したがって、軽度〜中度の眼瞼下垂があるということです。

実際に、施術中確認すると、眼瞼挙筋は眼窩の奥(目の奥)にあり、眼瞼挙筋腱膜は非常に伸ばされた状態でした。

ですので、眼瞼挙筋の前転を行い固定して、二重のラインを作成するというのが今回必要だったというわけです。単に『アンチエイジング』で伸びきった皮膚だけを単純に切除して縫合するだけだと・・・、

↓このような結果は期待できなかったかと思います。

 

 この方は、眼球が突出気味ですので皮膚の切開ラインや二重の作成ラインなど細かな設定が必要でした。。。

また、前頭筋に力がくわっていると眉が上がり、おでこにはシワがたくさんありました。

 

施術後、シワは消えました。。。

結果に大変ご満足頂いております。

category