エムズダイアリー|横浜市鶴見のエムズ皮フ科形成外科クリニック 美容皮膚科 アンチエイジング

JR鶴見駅西口より徒歩1分

045-586-1112
ネット予約

エムズダイアリー
症例写真は、ご本人様に掲載をご承諾いただいた上で提示条件に則り掲載しております。
当HPにおける全ての写真・画像・文章などの内容について、転用・転載・複製などを固く禁止いたします。

category

眉下切開 二重の調整

40代 女性

お悩み:二重の幅の左右差

元来二重の方ですが、右と左で二重の幅が違う状態でした。

左3mm, 右2mmでした。

黒目の大きさはほぼ等しく、眉毛の位置も同じ高さなので眼瞼下垂ではありません。

これは皮膚の問題です!

皮膚を調整するには2通りがあります。

①睫毛の上で調整する方法

②眉毛の下で調整する方法

 

①で行う場合は、眼瞼下垂や二重をしっかり形成するなどに行います。睫毛の上を切開するので出血・腫れる可能性は高いです。

この方の場合、二重であること、眼瞼下垂でもないこと、そしてダウンタイム(出血・腫れなど)も気にされていたので②の眉下で皮膚を切開しました。

適切な皮膚切開、適切な縫合方法で行えば抜糸時でもこれだけの結果が出せます。

そして、二重の幅も左右差がなくなり非常に満足されております。

目の上:上瞼のたるみ手術

合併症(リスクなど):出血、感染、腫れ、左右差、皮膚知覚障害、皮膚の色素沈着など

料金

上瞼たるみ取り

眉下皮膚切除 (片側) 150,000

*手術には下記の料金以外にお薬代5,000円がかかります。

傷跡 キズアト

以前もブログでご紹介した方ですが、その後6ヶ月の経過が経ちましたのでご報告します。

幼少期から認められたという眉間部の皮下腫瘍でした。

画像検査をすると『粉瘤』が疑われるとうことでした。

眉間中央に位置した腫瘍は、年齢とともに大きくなりご覧のように鼻根といって鼻の付け根が太く盛り上がってしまい、横を見ると邪魔になって見えない状態でした。

切開線はご覧のようにマークしました。

顔のど真ん中にそれも縦方向にある切開線は、一歩間違えると目立つ傷跡になります。しかし、手術で腫瘍を安全に摘出するためにはこれが一番の最短経路。

傷は、綺麗にきちんと縫合してあれば目立つことはありません。

その場合の縫合技術として、

①糸の選択、

②針をかける場所、

③何針縫うか?、

④縫合時の緊張度合い

⑤抜糸のタイミング

など全てが後の傷跡に関係してきます!

取れた腫瘍はのちの病理診断で『奇形腫』とわかりました。

 

術後創部の変化です。

1ヶ月もすると創縁といって縫合した部位の赤みは消えていきます。

術後半年も経てば、傷跡はほぼわからない状態です。

 

皮膚・皮下腫瘍摘出術の手術合併症


出血、感染、術後瘢痕問題(ケロイド、肥厚性瘢痕などの発生)、麻酔によるアレルギー、再発など

 

皮膚・皮下腫瘍摘出術の料金


粉瘤手術にかかる自己負担金

露出部  ¥5,000〜¥14,000円

非露出部  ¥4,000〜¥13,000円

*露出部とは、半袖半ズボンの衣服を着用して衣服で肌が覆われない部位、例えば顔や首、前腕や膝下などの部位を言います。一方で、非露出部はその反対で衣服で覆われている部位を示します。

*費用の幅は、部位や大きさによって変わります。

 

主な副作用・・・内出血、傷跡の赤み、色素沈着、傷跡、ケロイド、再発
※症状、肌質により効果に差があります。

*保険適用された場合の治療はすべてメスによる切除法となります。

料金


【自費診療の場合】

傷跡修正 10cm以内   ¥100,000円

別途、お薬代+麻酔代:¥5,000円、初診料:¥2,000円

目元のアンチエイジング

目元のアンチエイジングです。

60代 女性の方です。以前、眼瞼下垂の手術をされました。頭痛や肩こりなどの症状もなくなり術後の経過は問題なく過ごされていたようです。

その後、

下まぶたの膨らみ:いわゆる『目袋』と言われるものです。これが気になるということで施術を行いました。

 

目元は全体的に重い印象を与えます。

今回の施術:脱脂はまぶたの裏側より眼窩脂肪を取り出します。

下の眼窩脂肪は、外・中・内の3つに分けられております。

適切な量をとりました。

上まぶた、下まぶたを含めて目元を構成しています。目元がスッキリされて非常に満足されております。

 

脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)の

手術合併症


だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱、目がゴロゴロする、左右差があると感じる、違和感を感じる、目の上、目の下のくぼみなど

 

脱脂術+脂肪注入(ピュアグラフト)の

料金


価格:¥450,000(税別)

傷跡修正

40代 女性

傷跡(肥厚性瘢痕)

症状:痛み、痒み、運動障害(肩を上げた時に突っ張る、痛む)

脇の下にできた傷跡です。5年前にとある病院の一般外科で皮膚の下にあるデキモノ(脂肪腫だったということです。)を摘出されたようです。

赤くミミズ腫れのような状態です。点線は、過去に行った手術創部です。点線上に赤く膨れ上がった傷には痛みや痒みなどの症状もある状態でした。

形成外科のテクニックの一つであるZ形成術を行いました。

Z形成とは、創部の問題:拘縮などによって機能的な障害(例えば、傷がひきつれて腕の曲げ伸ばしや目を開くのが難しいなど)や整容的(見た目)にも障害を起こしている状態に対して行われる場合が多いです。

BCの部位に拘縮がきたしている部位を合わせて、拘縮部位を解除しAB,CDにデザインした三角弁(皮弁)を回転させることで延長効果が期待できます。結果として、創部の緊張を緩和させます。

Z形成には機能的・整容的にも用いられます。

美容外科においても、傷跡をキレイにしたり、内眼角に蒙古襞と言って二重の幅を制限しているひだを解除・延長する内眼角形成(目頭切開)にも応用されています。

5年間悩んでいた傷跡、温泉やプールなどで人目を気にしていたそうです。

キズアトは、大なり小なりその人にとって身体的にも精神的にもダメージを与えます。

治療することでそんな悩みも解消できます。

 

主な副作用・・・内出血、傷跡の赤み、色素沈着、傷跡、ケロイド、再発
※症状、肌質により効果に差があります。

*保険適用された場合の治療はすべてメスによる切除法となります。

料金


【自費診療の場合】

傷跡修正 10cm以内   ¥100,000円

別途、お薬代+麻酔代:¥5,000円、初診料:¥2,000円

ホクロ

40代 女性

お悩み:ホクロ

3mm以下のホクロに関して、エムズでは高周波レーザーメスによる治療をお勧めしております(詳しくは、本サイトホクロページを参照)。ほぼ傷跡を残すことなくホクロを取ることが可能です。しかし、レーザーを刺入深さが深ければ痕になるし、浅ければ再発の元になるので経験が必要な手技です。

↓最近、3mm以下のホクロを取って頂いた方からの『声』です。

 

 

3mm以上のホクロに関しては、切除をオススメします。とくに今回ご紹介するようなホクロの場合はとくにそうです.。そして、切除するので再発する心配もありません。

通常、丸いホクロに関しては下図のように紡錘形(ひし形)に皮フ切開線を決定しホクロを切除します。

結果としてホクロはほぼ再発することなく綺麗に取ることができるのですが、

問題点としては2つ

①ホクロでない正常な皮膚も取ることになる。

②傷跡が線上であり、実際のホクロの大きさよりも長くなる。

ということです。

ですが、、、

切除の場合、これら2つの短所を凌駕する結果が得られることがあります!

それは、人間にはシワがあります。

今回のように小鼻(医学用語では鼻翼と言いいます。)を作っている部分にはもともと線があります。

その線に沿うように切開線を設定すると、傷跡が目立つことはないどころかあたかも存在しなかったような仕上がりになります。

*ただし前提として、ホクロを取った傷をピタッと合わせることができる技術が必要です!

 

主な副作用・・・内出血、傷跡の赤み、色素沈着、傷跡、ケロイド、再発
※症状、肌質により効果に差があります。

*保険適用された場合の治療はすべてメスによる切除法となります。

料金


【保険適用の場合】

ほくろ手術にかかる自己負担金

露出部   ¥5,000〜¥14,000円

非露出部  ¥4,000〜¥13,000円

*露出部とは、半袖半ズボンの衣服を着用して衣服で肌が覆われない部位、例えば顔や首、前腕や膝下などの部位を言います。一方で、非露出部はその反対で衣服で覆われている部位を示します。

*費用の幅は、部位や大きさによって変わります。

【自費診療の場合】

1か所の切除料金 ¥33,000円、別途、お薬代+麻酔代:¥2,000円、初診料:¥2,000円

主な副作用・・・内出血、傷跡の赤み、色素沈着、傷跡、ケロイド、再発
※症状、肌質により効果に差があります。

*保険適用された場合の治療はすべてメスによる切除法となります。

料金


【自費診療の場合】

ホクロ・いぼ(3mm以下)1個    ¥3,500円

ホクロ・いぼ(3mm以下)5個    ¥15,000円

ホクロ・いぼ(3mm以下)10個   ¥30,000円

別途、お薬代+麻酔代:¥2,000円、初診料:¥2,000円

 

 

category